iPhoneの画面が拡大して戻らない時は | スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」

iPhoneの画面が拡大して戻らない時は

iPhoneの画面がある時、突然大きくなってしまったことはありませんか?

それはきっと画面を3本の指でダブルタップしてしまったせい。

元に戻すには、もう一度3本の指でダブルタップしてみましょう。

 

iPhoneの画面が急に大きくなってしまった経験はおありですか?

こんなに大きくなったマップとか・・・

 

こんなに大きくなった日付や時刻とか・・・

 

キーボードだって大きすぎる。。。

 

 

電話のキーパッドだってこんなに大きいと、ほかの番号が見えなくて電話もかけられない。。

 

iPhoneを握りしめて歩いていたり、バッグからiPhoneを取り出した時に遭遇することがまれにあります。

これは画面が拡大されてしまった時です。

iPhoneは、「3本指」を揃えて「ダブルタップ」(画面を2回軽く押す)すると、画面をズームするスライダーが表示されるのです。

そしてこのスライダーを右へ動かすと、画面がものすごく大きく拡大されます。

iPhoneの画面がついた状態で、iPhoneを握りしめて歩いていたりすると、その振動?はずみ?で、こうなることがままあります。

また画面がついた状態でバッグにいれていたiPhoneに、何かがあたってこんなことになることも。

「3本指」で「ダブルタップ」という状況が起きて、画面拡大のスライダーが動いた状態。

偶然にもこうなることがあるようです。

 

画面が拡大されると焦ってしまいます。設定を見てもわからないし、電源ボタンを押しても大きくなったままの画面が表示されるし。

またとにかく画面が大きくなってしまうと、メニューをあれこれさわって見たくても、なかなか目的の画面を出すことができなくなります。

 

そんな時は慌てずに。

画面を「3本指」で「ダブルタップ」して画面拡大のメニューを表示させ、スライダーを一番左に動かして、元のサイズにしましょう。

これは、画面を大きく拡大して表示したい時のメニューなのです。

 

もしこの機能が必要ない場合には、次のようにしてオフにすることができます。

(1)【設定】を開く

(2)【一般】を開く

(3)【アクセシビリティ】を開く

(4)【ズーム機能】が[オン]になっているので、軽く押して【オフ】にする。

 

よかったら動画での説明もご覧になってくださいね。

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

増田由紀