人を楽しませるには自分が楽しんでいないと。生徒さんと嵐のコンサート

生徒さんと嵐のコンサート

年末に大当たり。
毎回行けるとは限らない争奪戦の嵐のコンサートに、生徒さんと行ってきました。。

 

大混雑の東京ドーム、入場も行列です。

今はデジタルチケット。紙のチケットが郵送されるわけではないのです。

代表者にしっかりくっついていって、ゲートの前で発券される紙のチケットを手に、座席に向かうのです。

 

思い起こせば2012年の多摩美術大学にて

思い起こせば2012年
NHKネットクラブ プレミアム会員限定のイベント「デザインで語る これが紅白歌合戦の舞台裏だ!」に行ったのがきっかけです。

その時のブログはこちら

紅白歌合戦の舞台裏のお話(2012/2/18)」

私は紅白の舞台装置に興味があったのです。

でもその年の司会が嵐。

舞台装置の解説で、紅白の映像が何度も流れるのですが、司会ですから何度も何度も映像に出てきます。

「この人たち見たいんじゃないのになあ。。。」と思っていました。

でも、会場を後にした時に、とても素敵な曲のフレーズが頭に残りました。

これいいメロディだなあ。好きだなあ。なんていう歌なんだろう。

 

家に帰ってからネットで調べ、タイトルを知りました。

中でも特に素敵な歌声が耳から離れず、これは誰の声なんだろう?

・・・きっかけは耳に残ったメロディ。

そんなことから、調べれば調べるほど、どんどんと好きになっていったというわけ。

最初は5人の区別もつかず。

目立つ子と目立たない子、ぐらいの違いしか分かりませんでした。

 

でもね、人間何がきっかけになるかわからないものです。

最初は何がいいんだか、どこがいいんだか、まったくわからない。

一切興味なかったし。むしろ「え~、こんなの好きな人の気が知れない」って思ってました。
そんな私が、今では全曲歌えるほどの大ファンなんですから。

だからね、チャンスにはのってみる。
やってないことはやってみる、って大事だね。運命の出会いがあるかもしれないでしょ(笑)。

 

自分が楽しんでいないと、人を楽しまることはできない

超満員の東京ドーム。無数のライトがきれいだったー。ファンの力ってすごいね。間近で見られてすごくいい席だった。

歌声を堪能しダンスに魅入ってすっかりエネルギーチャージ、3時間以上叫んで、踊って、歌ってきました。

ペンライトを持つ私たちも、舞台装置の一つです。

私たちも照明係をやっているのです(笑)。

 

しかも生徒さんと。
昔は生徒さんと遊びに行っちゃいけないと思ってました。

先生だからちゃんとしてないとって。

まじめだなー(笑)。
でもこの日は、好きなものを分かち合うお友だちとして。
お互いのお目当ての彼が出るたびに「キャー」「わぁ~~」「かっこいい~」と手を握り合って楽しんできました。

 

ファンとはありがたいものだと、ファンの立場で思います(笑)。

そして仕事ってどういうものなのか、いつも彼らに学んでいます。
ファンの支えあってのアイドル。

でも彼らもそれを知っていて、ライブでは最大限ファンを喜ばせようとする。

ファンもそれがわかるから、こちらも最大限応える。

その人が好きだから、その人の作る商品が好き。みたいなところがあります。
そして、ここにビジネスの原点があると、いつも思ってます。

楽しそうにライブをする彼らを見て、うれしそうにそれを見守るファン。

楽しさは伝播するのです。

 

これ、自分の仕事に置き換えてみるとわかります。

自分が楽しくないと、人を楽しませることはできない。

だからいつも、自分が楽しんでないとね。

 

20周年を迎える彼ら、何度も感謝の言葉を伝えてくれていました。

支えてくれてありがとうと。

歌でもそれを届けてくれていました。

1年の終わりに私も思います。

私もステキな生徒さん、優秀なスタッフ、理解ある家族、たくさんの人に支えられております。

いつもありがとう。

 

 

●●●仕事に活かす!iPhone動画編集レッスン >詳しくはこちら●●●
iPhoneでプロモーションビデオを作りましょう。iPhoneなら撮影から編集まで、これ1台で仕事に活かせる動画が作れます。
1月12日(土)開催

●●●スマホを楽しむクラスがあります!●●●

できることいっぱいのスマートフォンを、手探りで使うなんてもったいない!
普段の楽しみ方から、いざという時、災害時での使い方までご紹介します。
パソコムプラザのスマホクラス >>詳しくはこちら

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

\主婦の友社の女性雑誌「ゆうゆう」で、イベントの講師をします/

【9/22】主婦の友社「ゆうゆう」主催 街歩き&バッグのお話とお出かけスマホ塾

  • 日時:9月22日(木)13時~15時
  • 場所:世界のカバン博物館ギャラリー 東京都台東区駒形1-8-10 (浅草線浅草駅A1出口から徒歩1分)
  • 第1部 旅行ジャーナリスト・津田令子さんと、世界のカバン博物館館長・難波敏史さんの「浅草の見どころトーク」
    第2部 スマホ活用アドバイザー・増田由紀の「旅先で便利なスマホ塾」
  • 料金: 税込み4400円(飲み物、エース マイバッグのプレゼントつき)

小さく折りたためて人気のマイバッグ シリーズから、1つプレゼント。
1980 円相当。色や柄は編集部におまかせください。多くの方のご参加をお待ちしております!

「件名」に「浅草イベント応募」とご記入の上、1~6までを記載して
youyou@shufunotomo.co.jp  まで送信してください。
郵送の場合は〒141-0021 東京都品川区上大崎3-1-1
目黒セントラルスクエア 主婦の友社 ゆうゆう編集部 「浅草イベント」係
  

1)お名前 2)ご住所 3)電話番号 4)メールアドレ ス 5)参加人数(2名まで) 6)津田さん (旅) や増田(スマホ) への質問

問い合わせ先:ゆうゆう編集部 03-5280-7402(平日10時~17時)

 

◆この記事を書いたのは・・・

 この記事を書いた人:増田由紀 

オンラインで学べる 大人のためのスマホ・パソコン教室 「パソコムプラザ」(047-305-6200)代表 。和風なものや嵐が大好き。好きな場所は京都や沖縄。
2000年に千葉県浦安市でミセス・シニア・初心者のためのパソコン教室をオープン。 スマホは生活に役立つ道具、道具は使いこなしてこそ。電話とLINEだけじゃもったいない!とスマホの活用法を広くご紹介しています。
入門書の執筆、記事監修、講座企画、デジタルやSNSが苦手な人のためのビジネス活用コンサルもしています。スマホを使えばもっと人生が楽しく、もっと仕事が広がる! それを多くの人に知ってもらいたいな。

●日経BP社からスマホやLINEの入門書を出しています>>★Amazon著者ページ
●こんな仕事もしています>>メディア・書籍等掲載歴
●お問い合わせ、お仕事の依頼はこちら>>お問い合わせフォーム

◆パソコムプラザ

パソコムプラザは、2020年10月からオンラインスクールへ移行。在校生は60代~90代まで。全国どこからでもご自宅からオンラインでご受講いただけます。オンラインが初めての方には、まずは【はじめてのオンラインレッスン無料体験】からどうぞ!

SNS
スポンサーリンク
\お役に立ったらシェアお願いします/
お気軽にフォローしてください
スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました