頼まれ仕事は腕が上がる 振袖の着付け

元はと言えば母です・・・

母が、知り合いのお嬢さんに私の振袖を貸してあげることになり、何を勘違いしたのか「娘(つまり私ね)が着付けられるから」と、振袖の着付けを請け負ってきたのです。

「できるよね?」と母。

え~~~~~~~、やったことない。と私。

「え~でも言っちゃったもん」と母。

 

そんなわけで、私の生徒さんでもある私の着付けの先生に、特別レッスンをしていただいてます。

自分の着付けだって満足いく出来にはなかなかならないのに。

お嬢さんの振袖の着付けをすることになりました。

でもなかなかお稽古に行く時間が取れません。

着付けの先生に教えていただいたコツを、ところどころ思い出しつつイメージトレーニングは続けていました。

イメージトレーニングって、果たして着付けの時に効果があるのかどうなのか。

私には分かりません。

分かりませんが、やるしかないのです!!

 

たまたまお嬢さんがバイトの前に立ち寄ることのできる時間があり、予行練習を兼ねて彼女に着付けをすることになりました。

本人で練習しないと、いきなり当日じゃねえ。。。。

着付けの先生のおっしゃったフレーズを、一文一文思い出しながら再現していきます。

「胸元はふっくらと」

「布を引っ張り、このしわを消す」

「おはしょりは、こうやって一重に」

「ひもはこの辺でこう結ぶ」

・・・・こうだよね、これであってるよね、これでいいんだよね?!

必死に思い出します。

 

一応、外に出て写真を撮ろうということになりました。

まだこれ、練習だからね。ということで。

大丈夫かなあ、歩けるかなあ、帯ほどけてこないかなあ・・・。

 

 

これは、私が祖母に誂えてもらった振袖です。

今見てもとても素敵。とっても好きな振袖。

 

 

胸元をふっくらと、襟元は若々しく。

しわは消して、帯はいきいきと。

・・・習った通りに再現するには練習量が足りませんので、着付けの先生にとても合格点をいただける出来ではございません。

 

でも歩いている間に崩壊はしなかった(笑)。

なんとか写真は撮ったぞ。

 

しかしやっているとわかる。

改善点が多々あります。

先生に習ってた時はわかったと思ったんだけどなあ。

 

実際にやってみると、

あれ、このしわはどこで消すんだ?

あれ、この角度ちょっと違うような気が・・・

あれ、この長さであってる?

あれ帯の隙間はこんなところにはなかったはず。

などなど。疑問点が。

 

生徒さんがよく「先生がいる時はできるけど、家に帰るとできないのよー」っておっしゃることが、よーくわかります。

ええ、私もそうです(笑)。

先生がついてくださっている時は、わかったような気になっているのですが、一人でやってみるとわかってないところがあるんですね。

わかってないところがわかる、っていうのが大事なんですよね。

 

でも私も生徒さんに「仕事を頼まれると覚えますから、自治会の広報とかの仕事は受けてみるといいですよ」なんて言ってます。

「いざとなったら私がいますから、チャンスがあったらお仕事受けてみてくださいね。頼まれ仕事は腕があがりますよ。」なんて言ってます(笑)。

 

そう。私も今回、頼まれ仕事です。着付けの時に動画を撮らせてもらって、何度も見返してます。

お嬢さんの振袖がかかってる! きれいに着せてあげたい! 頑張らないと(笑)!

頼まれ仕事は腕があがるはず。

それに何かあったら先生がついてる!

 

生徒さんの立場を味わってみるのも、時に大事なのです。

 

●●●仕事に活かす!iPhone動画編集レッスン >詳しくはこちら●●●
iPhoneでプロモーションビデオを作りましょう。iPhoneなら撮影から編集まで、これ1台で仕事に活かせる動画が作れます。
1月12日(土)開催

●●●スマホを楽しむクラスがあります!●●●

できることいっぱいのスマートフォンを、手探りで使うなんてもったいない!
普段の楽しみ方から、いざという時、災害時での使い方までご紹介します。
パソコムプラザのスマホクラス >>詳しくはこちら

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」