動画あり|23回? 5回? あなたはどちら。ガラケー時代の入力 VS スマホ時代の入力(フリック入力)

ガラケー時代の入力はたくさん押す!

スマートフォンで文字入力をする際、

1)ガラケー時代の文字入力をしている

2)スマホ時代の文字入力をしている

で、文字を入力するスピードが随分違ってきます。

ガラケー時代は

「あ・か・さ・た・な・は・ま・や・ら・わ」と並んだキーボードを「連打」するっていうイメージです。

「あ」を入力するなら押すのは1回だけれど、「お」を入力したいなら「あ」を4回は押さなくちゃいけません。

「大きな桃」と入力しようとしたら、

「あ」を4回押して「お」

「あ」を4回押して「お」

「か」を2回で「き」

「な」を1回

「ま」を4回押して「も」

「ま」を4回押して「も」

・・・と、目的の文字が出るまで何度もキーを押すことになります。

全部で23回

 

▼ガラケー時代の入力方法の場合

 

 

スマホ時代の入力は軽く滑らせる

スマホ時代の入力は違うのです。

もっとキーを押す回数が少なくて済みます。

「あ」に少し長めに触れていると、その周りに「い・う・え・お」と文字が表示されます。

入力前に文字が全部見えるのです。

 

 

「あ」を下に少し引いて「お」で手を離すと「お」が入力できます。

「ま」を少し下にひいて「も」で手を離すと「も」が入力できます。

慣れるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、これを「フリック入力」といいます。

 

▼スマホ時代の入力(フリック入力)

フリックとは、ほこりをさっと払う、というような操作のことです。

力の入れ加減が大事で、押しすぎてもいけない。

手すりにうっすら積もったほこりを指でさっと払う、そんな感覚です。

 

 

23回 VS 5回 あなたはどちら? スマホ時代にはフリック入力をぜひ!

慣れ親しんだ習慣を変えるのはなかなか大変ですが、でも少しずつでいいのでフリック入力に慣れていきましょう。

指を動かす方向は決まっています。

「あ行」ならそのまま

「い行」なら左へ引いて

「う行」なら上へ動かし

「え行」なら右へ引いて

「お行」なら下へ動かす。

 

 

こちらもどうぞ

動画あり|フリック入力で同じ文字を素早く打つ方法(iPhone)(2019/01/24)

 

 

●●●仕事に活かす!iPhone動画編集レッスン >詳しくはこちら●●●
iPhoneでプロモーションビデオを作りましょう。iPhoneなら撮影から編集まで、これ1台で仕事に活かせる動画が作れます。
2月23日(土)開催
●●●スマホを楽しむクラスがあります!●●●

できることいっぱいのスマートフォンを、手探りで使うなんてもったいない!
普段の楽しみ方から、いざという時、災害時での使い方までご紹介します。
パソコムプラザのスマホクラス >>詳しくはこちら

 


浦安市ランキング

スマホ・携帯
ランキング

シニアライフ
ランキング

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」