知りたいっていう人がいるから、店先でレッスン。宮島商店街の菓子処きむらにて | スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」

知りたいっていう人がいるから、店先でレッスン。宮島商店街の菓子処きむらにて

旅先でふらりと入ったケーキ屋さん・菓子処きむら

宮島を観光中、商店街にふらっと立ち寄りました。

昔ながらの洋菓子店で、呼び込みをしていた店長さんらしき方。

 

ケーキ屋さんの「きむら」さんです。

 

店内は、昔ながらのケーキ屋さん。ショーウィンドウにおいしそうなケーキが並んでいます。

 

ケーキ屋さんの作るもみじ饅頭

でも、私と妹が足を止めたのは「ケーキ屋さんの作るもみじ饅頭」だったのです。

ホームページはこちら

ここはケーキ屋さん。シフォンケーキの生地をベースにしたもみじ饅頭を売っています。

シフォンケーキの記事ですから、ふわっとしていてしっとりしています。

 

チーズ味は、きむらさんのオリジナル。デンマークのチーズをブレンドして作ってあるんです。

他にも、リンゴもみじ饅頭があります。

りんごをソテーしてワインで炊き上げた「果肉入り」のもみじ饅頭です。

 

写真投稿していいですか? と聞いたところ・・・

木村さんとツーショットを撮ってもらいました。

それで、「これをSNSに載せてもいいですか?」とお伺いしたところ、「いいよ。」と。

 

でも、「お客さんがみなさん、載せるっていうんだけれど、載せるってどういう意味なの? 見たことがない」とおっしゃいます。

「Twitterっていうものがあるんですが、じゃあそれに載せるところをお見せしますね」と私。

「その、ハトみたいなのでやるの? それが載せるということ?」

 

私にもできる? と木村さん

「ハト・・・まあそうですね、このハトですよ。」

それでまず私が投稿するところをお見せしました。

「いいですか、こうやって写真を入れてですね、ここに文字を書くんですよ。」

「へー、そうなの、そうやってみんなやっとるの、いやあお客さんが載せときますよ言うんだけど、どうやってやるのかわからんし、見たこともないのよ」

 

「そうなんですね。結構ツイッターで情報調べて、私たち観光客はお店を見つけたりしますからね。」

「そうなんや・・・」

そうしたら木村さんが「私にもできる? やってみたいんだよ、でも全然わからんけん」とおっしゃいます。(ちょっと広島弁の記憶が曖昧ですが・・・)

「スマホはお持ちですか?」と私。

「持っとる」と木村さん。

 

知りたいって言ってる人がいる

知りたいって言ってる人がいる。

木村さんがツイートしたら、きっとお仕事の役に立つ。

いろんな人にお店のこと知ってもらえる。

何だかそんなことを思ってしまって、「じゃあ、スマホ拝見してもいいですか?」という流れになりました。

なんだか仕事のノリになってきた(笑)。なんでだろう、不思議な感じでした。

幸いAndroidをお使いだったので、パスワードを使わずにツイッターのアプリを追加することができました。

スマホを持つことになったのも、ほかの人に設定をやってもらったので、何が何やら全然わからん、と。

メールアドレスもパスワードもわからない、とおっしゃるので(大体そうなんですよね・・・・)、新規にメールアドレスを取得することになり、ツイッターのアカウント開設のお手伝いをすることに。

ちょっと立ち寄っただけのケーキ屋さん、それも今あったばかりの人なのに、なんでだろう、何か感じるものがあったんですよね。

木村さんは「知りたい!」と、私は「何かお手伝いしたい」と、そういう気持ちがマッチングしたというか。

まさか、見知らぬ土地の店先で、ツイッター入門講座をやることになるとは本当に思ってもみないことでした。

 

こちらがレッスンの様子です。

私どこでも仕事できちゃうなあ・・・(笑)

 

お店の人こそやってほしい

結局なんだかんだで、1時間ほど店先に滞在することに。

時間は限られるので、必要最低限のことをお伝えしました。

「お店やってらっしゃったら、絶対やった方がいいですよ、ツイッター」

「今日のもみじ饅頭の焼き上がりは何時ですよ、とか、ここがオリジナルですよとか、そういうことをどんどん書いてくださいね」

「観光情報もありがたいです。お立場上どこか特定のお店を宣伝できないとしたら(木村さんは商店会長らしい・笑)、観光客に役立つ情報を書いて投稿してもいいですね。」

「私たち観光客は、いろいろと検索をしてお店を調べますから、情報を出していれば知らないお客さんがこの店に来てくれるってこと、あるんですよ。」

「さっき木村さんが、通りの人たちに向かって商品の説明していたでしょう、ここで話していたら店の前を通る人にだけしか届かないけれど、ツイッターでつぶやけば世界中につぶやいたことになるんですよ。知らない人がそれを見つけて、ここに来てくれるかもしれない。」

「しかも無料でできるんですから。」

「慣れてきて、英語でつぶやくことができたら、外国の方だってこのお店を知るきっかけになりますよ」

「この言葉とこの言葉は、使ったほうがいいと思います。ハッシュタグを先頭につけてくださいね。」

・・・というようなことを、お話しました。

菓子処きむらのツイッターはこちら

 

後は頼んだ! 宮島別荘・若旦那さん!

とはいえ、帰る時間が近づいてきます。心残りなことはたくさんありますが、とにかく必要最低限なことをお伝えしました。

「私、宮島別荘に泊まってたんです。知り合いの方の宿で」

「おお、あそこの。」

やっぱり地元の方同士、御存じなんですね。

私も、やってあげられなかったことがあるので、ここは何とか宮島別荘の若旦那さんに後を託すことができたら・・・。

ということで、メッセージで若旦那さんに状況を説明し、私がどこまでやって何をやり残したのか、可能であれば木村さんに続きを教えてあげて欲しい、とお願いしておきました。

お仕事を増やしてしまうようで、大変申し訳なかったのですが、ツイッターデビューした木村さんを何とか商店街繋がりでフォローしてもらいたい、そんな思いでした。

私の職場の電話番号とメールアドレスは、木村さんにお伝えしておきましたが、「スマホでメールなんてやったことない」とおっしゃってましたから・・・。

後は頼んだ! 宮島別荘・若旦那さん!

 

誰と出会うか、これもご縁

旅先で、こんな出会いがあるとは思ってもみませんでした。

あの時、宮島別荘・若旦那に教えてもらった「かき」のお店に行ってなかったら。

そうしたら菓子処きむらの前を通ることもなかった。

あの時、妹が、木村さんのトークがきっかけで、もみじ饅頭を試食してなかったら。

あの時、木村さんが「知りたいんだよ」っておっしゃらなかったら。

あの時、私たちのフェリーの時間が、もっと間際だったら。

あの時もうすでに、別のお店でもみじ饅頭のお土産を買ってしまっていたとしたら。

そう考えると、誰とどこで出会うか、これは本当に縁何だなあと思います。

そして、私の仕事はどこでもできるんだな、と思っちゃいました。

 

最後にとっておきのエピソードのできた宮島観光でした。

 

 

 

3月のセミナーやイベントのご紹介です。

iPhone1台あれば、仕事で役立つ動画も、プライベートで楽しめる動画も、手軽に作れます。

3月24日(土)には東京駅八重洲で「仕事に役立つiPhone動画作成講座」を開催します。

ご興味のある方はぜひ、会場にてお会いしましょう!

 

今年もスマホ祭りやります! 楽しいイベント満載。

どなたでも気軽にお越しになれるミニイベントなども企画しています。

期間は3月12日(月)~29日(木)です。

ぜひ今から予定に入れておいてくださいね!

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

増田由紀