Googleマップでビーム(青い扇状のマーク)が表示されない時は

Googleマップのビームとは

私もいつも便利に使っているGoogle マップ。

今いる場所が地図上に ● で示されます。

これは現在地を示します。

 

この 、自分の向いている方向を扇形の青いビームで表してくれます。

このビームがあると、地図上で自分がどちらを向いているかがわかって、とても便利なのです。

 

 

ビーム(青い扇形)が表示されない!?

Googleマップの授業をしていたところ、どうしてもお一人、現在地ので、 のままでビームにならない。。。。

 

ただの ● のままです。

 

おかしいな。

 

試してみたこと

次のことを試してみました

  • 位置情報がオンになっているか確認
  • 位置情報をオフにしてオンにしてみた
  • 一度アプリを終了させてから、また開いてみた
  • 空の見えるところで現在地を取り直してみた
  • iPhoneを再起動してみた
  • アプリを一度削除し、また新たに入れてみた
  • コンパスを合わせ直してみた

・・・何がおかしいんだろう??

 

また、アプリが悪いのか、iPhone本体に不具合が生じているのか、原因を切り分ける必要があります。

iPhoneに最初から入っているマップでは、ちゃんと向いている方向に青い扇が表示されました。

ということは、コンパスはちゃんと動いている。

とすると、設定かな?

コンパスの設定が違うのではないか? と予測しました。

 

 

位置情報サービスのコンパスの調整

 

こんな現象がないかどうか、ネットでもいろいろ検索。

 

すると、位置情報サービスの中に【コンパスの調整】というメニューがあることを知りました。

 

1)【設定】を開き【プライバシー】を押します。

 

2)【位置情報サービス】を押します。ここはオンになっている。

 

3)位置情報サービスの一番下に、【システムサービス】というメニューがあります。

ここは見なかったな。。。

 

4)ここに【コンパスの調整】というメニューがありました。コンパス、これじゃないかな。

ここは初期設定では緑(オン)になっています。

 

【コンパスの調整】がオンになっていると・・・

ビームは表示されます。

 

 

5)【コンパスの調整】が白(オフ)になっていると・・・

 

ビームが表示されません。

これか。これだったんだ。。。

 

ということで、生徒さんにもLINEでやり方をお知らせしたところ、大正解だったようでした。

よかったよかった。

 

 

先生は何でも知っているわけではないのです(笑)。

生徒さんのご質問で一つ、また一つと知識を増やしていくことができます。

その中で、ある程度のあたりを付けることができたり、勘を働かせることができたりします。

今回も「コンパスじゃないのかな?」と思ったことで、検索の方向性も見えてきました。

また一つ勉強になりました。

 

 

 

●●●仕事に活かす!iPhone動画編集レッスン >詳しくはこちら●●●
iPhoneでプロモーションビデオを作りましょう。iPhoneなら撮影から編集まで、これ1台で仕事に活かせる動画が作れます。
2月23日(土)開催
●●●スマホを楽しむクラスがあります!●●●

できることいっぱいのスマートフォンを、手探りで使うなんてもったいない!
普段の楽しみ方から、いざという時、災害時での使い方までご紹介します。
パソコムプラザのスマホクラス >>詳しくはこちら

 


浦安市ランキング

スマホ・携帯
ランキング

シニアライフ
ランキング

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」