読む楽しみのある辞書アプリ | スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」

読む楽しみのある辞書アプリ

 

広辞苑が10年ぶりの改訂、スマホやアプリなどの言葉が追加されました。(2018/1/15の記事)

 

でも書きましたが、今はなかなか辞書が売れない時代。

調べたいことはサクッと、スマホで調べることができます。

でも、私は辞書を何冊も持ち歩いています。分厚い辞書です。

肩こりしちゃう。

 

・・・ということはなくて、全冊、スマホの中に入れています。

言葉に関する辞書は次の3冊を購入しました。

「大辞泉」(私が買った時は小学館の「デジタル大辞泉」でしたが、今は他社さんに引き継がれています。¥2,000)

「大辞林」(物書堂 ¥2,600)

「類義語新辞典」(角川書店 ¥1,600)

 

▼大辞林の画面

「グッドデザイン賞」と「電子出版アワード大賞」を受賞したアプリです。

黒いバックに白い字が斬新。スマートな印象です。

 

インデックスにある分類の中から好みのものを選びます。

 

さらに言葉が表示されます。調べたいもの辿ってきます。

 

これは?

 

冬の季語で「鴛鴦」の説明です。

 

▼大辞泉の画面(小学館の大辞泉は、現在は提供されていません。これは小学館の大辞泉の画面。)

 

 

付録には画像一覧があります。

 

調べたい画像を押すと、写真が大きく表示されます。

 

解説を見ることができます。

 

 

▼新類義語辞典の画面

文章を書いていて、もうちょっと別の言い方はないかな、別の言葉はないかな? という時に類義語辞典を見ると、ヒントになります。

 

例えば「感覚」の中にある・・・

 

「睡眠」という言葉は・・・

 

ほかに何というのだろう。

 

類義語、関連用語がわかります。

 

インターネットで検索すると、その言葉にすぐにたどり着きます。

もちろん辞書もキーワード検索できますが、時間つぶしになんとなく眺めていても、それなりに面白い言葉に出会えるものです。

こんな言い方があるんだ、別の言葉でいうならそういう言葉があるんだ、と。

これは何かを説明する時にも大いに役に立つのです。

 

いつもは数百円のアプリ、という場合、数千円のアプリはとても高く感じます。

でも本当の紙の辞書を何冊も持ち歩くことを考えたら、スマホに入ってしまうわけですからね。

そして読み物としても楽しめます。

ご興味のある方は1冊買ってみて眺めてみるのはいかがでしょうか。

 

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone7、7 Plus」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

増田由紀