画面にくっついてくるメニュー、あれ何ていうの?を解決 Blog Floating Button

こんにちは。オンラインで学べる大人のためのスマホ&パソコン教室
www.pasocom.net)代表で、スマホ活用アドバイザーの増田由紀(@yukinojo7)です。
和風なものと嵐が大好きです。シニア世代の方々のスマホレッスンをやったり、スマートフォンやLINEの入門書を書いたり(Amazon著者ページはこちら)、仕事で使いたいのにSNS活用が苦手な方のためのお手伝いをしたりしています。
このブログでは、日々感じるスマホの活用法や私なりの工夫、IT技術の話などをメインに、なるべくわかりやすくお伝えしようと思っています。

 

WordPressでホームページを作っています

教室のHPや私のブログは、Wordpress(ワードプレス)という仕組みで運用しています。

このWordpressというのは、「CMS」と呼ばれます。CMSは「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」の略です。

Webサイト(ホームページ)に載せる文字や画像、写真、書式やデザイン、レイアウトの情報などを、このWordpressという仕組みひとつで保存したり管理したりします。

以前はホームページを作る専用の「ソフト」を使って作っていたのですが、今はこのCMSを使っていて、一番有名なCMSがWordpressです。これを仕事の合間に勉強しながら、ホームページやブログのメンテナンスをしています。

WordPressには自分のやりたいことを実現できる「プラグイン」という小道具が揃っています。

例えば画面の下に「関連記事」を10個出したいなとか。

例えば投稿記事の中に「お問い合わせフォーム」を載せたいなとか。

例えばどの記事の最後にも「同じ内容のお知らせ」を、過去から現在の記事に至るまですべてに出したいなとか。

そういう「やりたいこと」を叶えてくれる小道具が「プラグイン」といいます。何万ものプラグインが用意されています。

 

何と呼ぶのかわからないと探せない

このWordpressのプラグイン、工夫し組み合わせればやりたいことが叶うのですが、問題はプラグインの探し方です。

「○○がしたい」というキーワードではなかなか探せません。かなり調べます。

たとえば今回、教室のHPの中に「お問い合わせ」のボタンを増やす作業をしました。初めての方でも迷わず「お問い合わせはこちら」を探せるようにするためです。

ホームページを見ている時に、画面を動かしてもずっと「お問い合わせ」のメニューが出ているようにしたい。・・・と文章を書いて検索しても、なかなかいい情報にたどり着けません。

ホームページ作成業者さんだったら、「それは○○という機能だ」「それは○○というプラグインで可能だ」とすぐわかると思うのですが、その専門用語の持ち合わせがありません。

 

検索しているうちにいいキーワードに出会うもの

「お問い合わせ」「ボタン」「ずっとついてくる」・・・でも、いい情報が見つからない。

「お問い合わせ」「画面」「常時表示」これも違う。

「消えない」「お問い合わせ」「ボタン」これでもない。

・・・こうやって、ああでもない、こうでもないと検索しているうちに、「それに近い言葉」を見つけることになります。もう、金脈を掘り当てるに近い作業ですね(笑)。

ここか? いやこっちか? ちょっと関係のありそうな記事を見つけては読んでみる。

ああ、でも私の探している情報じゃない。

じゃあこれか? いやこれも記事が古すぎる。

 

ホームページの中にある言葉を見つけては、「それってこう言うんだ」と新しい語彙に出会う。

その繰り返しの中で、私の検索能力は訓練されている。と信じたい(笑)。

 

そうこうするうちに「追従型」とか「スティッキー」とか「フローティング」という言葉を知ることになりました。

「追従型」とは読んで字のごとく、追いかけてくるってこと。

「スティッキー」とはベタベタするという意味の英語。つまりくっついてくるってことですね。

「フローティング」とは浮かんでいる、つまりページを動かしてもずっと表示されている、ということ。

 

新しい言葉に出会い、キーワードが整う

こうして新しい言葉に出会っては

「追従」「プラグイン」「お問い合わせ」「WP(Wordpressの略)」「ボタン」などとキーワードが整ってきます。

そうか、ずっと画面に表示されてずっとついてくることを「追従型」っていうんだ、と知ることができました。

 

そうして出会った記事をまた読み、その中のキーワードを見つけては、また検索をしていく。

記事があまりに古いと、もうそのプラグイン自体がなかったり。

またプラグインの名前が分かってそれをもとに検索してみると、評価が今一つだったり。

たくさんの記事の中から「これだ」と思うものに巡り合うまで、検索をしていきます。

 

そうして出会ったのが

「WP」「追従」「ボタン」「プラグ イン」という言葉で検索したこちらのページ

記事も古くなかったし、プラグインの名前も説明もちゃんと書いてあった。

「Blog Floating Button」というものでした。

いろいろ試したけど、これなら私のやりたいことできそう。

ようやく見つけたぞって感じです。

ついでに、これを開発した人のTwitterも見つかりました。

Twitterにて、御礼しておきました。

 

今週の教室情報誌「なでしこ」でも取り上げた「プログラミング思考」のところでもご説明したのですが、「膨大な量の情報の中から自分の問題解決に役立つ情報を選び取れるか」という能力が、非常に問われることになります。

私たち本当に途方もない量の情報を簡単に見ることができます。

でもその情報量の中の何が自分にとって必要なものかを選び取るには、時間もかかるし経験も必要です。

 

追従型のお問い合わせメニューをつけられました

私は、「お問い合わせはこちら」を画像にして、それを追従するようにして見たかったので、Canvaでこんな画像を作りました。

 

そしてこの記事の通りにプラグインを追加し、設定をしてみましたところ、ちゃんとできました!

 

▼こちらホームページ。右下に「お問い合わせはこちら」ボタンがついています。画面を動かしてもずっとボタンが表示されています。

 

▼こちらスマホで見た場合。同じく画面を動かしてもずっとこの場所にいてくれます。

 

 

お客さまの「あれ、あれなんていうの」に答えたい

「ずっとついてくるあれ、なんて言うの?」ってところから始まった探しものですが、「その業界での呼び名」を知っていればこんなに苦労して探すことはないのです。ですが探しているうちに答えが手繰り寄せられる感じですね。

同じように、生徒さんをはじめお客さまの「あれ、あれをやりたいんだけど、それがなんていうのかわからない」をお手伝いするのが私たちの仕事。

その「あれ」をくみ取って「このことかな?」「あのことかな?」と類推していくには、やはり知識のストックが必要になります。

「これおっしゃってるのかな」「こういう意味なのかな」が当たって、お客さまの問題が解決すれば私たちもうれしいです。

そしてこちらの引き出しが増やれば増やるほど、お客さまの問題解決に提示できる手駒が増えるのです。

だからこういう時、あきらめないで探します私。目的を達するために結構粘り強いです私。

自分の欲しい情報にたどり着く途中で、いろんな拾い物をしているわけですから。その拾い物がいつか誰かの役に立つかもしれない。と信じて・・・(笑)。

\主婦の友社の女性雑誌「ゆうゆう」で、イベントの講師をします/

【9/22】主婦の友社「ゆうゆう」主催 街歩き&バッグのお話とお出かけスマホ塾

  • 日時:9月22日(木)13時~15時
  • 場所:世界のカバン博物館ギャラリー 東京都台東区駒形1-8-10 (浅草線浅草駅A1出口から徒歩1分)
  • 第1部 旅行ジャーナリスト・津田令子さんと、世界のカバン博物館館長・難波敏史さんの「浅草の見どころトーク」
    第2部 スマホ活用アドバイザー・増田由紀の「旅先で便利なスマホ塾」
  • 料金: 税込み4400円(飲み物、エース マイバッグのプレゼントつき)

小さく折りたためて人気のマイバッグ シリーズから、1つプレゼント。
1980 円相当。色や柄は編集部におまかせください。多くの方のご参加をお待ちしております!

「件名」に「浅草イベント応募」とご記入の上、1~6までを記載して
youyou@shufunotomo.co.jp  まで送信してください。
郵送の場合は〒141-0021 東京都品川区上大崎3-1-1
目黒セントラルスクエア 主婦の友社 ゆうゆう編集部 「浅草イベント」係
  

1)お名前 2)ご住所 3)電話番号 4)メールアドレ ス 5)参加人数(2名まで) 6)津田さん (旅) や増田(スマホ) への質問

問い合わせ先:ゆうゆう編集部 03-5280-7402(平日10時~17時)

 

◆この記事を書いたのは・・・

 この記事を書いた人:増田由紀 

オンラインで学べる 大人のためのスマホ・パソコン教室 「パソコムプラザ」(047-305-6200)代表 。和風なものや嵐が大好き。好きな場所は京都や沖縄。
2000年に千葉県浦安市でミセス・シニア・初心者のためのパソコン教室をオープン。 スマホは生活に役立つ道具、道具は使いこなしてこそ。電話とLINEだけじゃもったいない!とスマホの活用法を広くご紹介しています。
入門書の執筆、記事監修、講座企画、デジタルやSNSが苦手な人のためのビジネス活用コンサルもしています。スマホを使えばもっと人生が楽しく、もっと仕事が広がる! それを多くの人に知ってもらいたいな。

●日経BP社からスマホやLINEの入門書を出しています>>★Amazon著者ページ
●こんな仕事もしています>>メディア・書籍等掲載歴
●お問い合わせ、お仕事の依頼はこちら>>お問い合わせフォーム

◆パソコムプラザ

パソコムプラザは、2020年10月からオンラインスクールへ移行。在校生は60代~90代まで。全国どこからでもご自宅からオンラインでご受講いただけます。オンラインが初めての方には、まずは【はじめてのオンラインレッスン無料体験】からどうぞ!

インターネット活用
スポンサーリンク
\お役に立ったらシェアお願いします/
お気軽にフォローしてください
スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました