江戸しぐさで知った言葉・「戸閉め言葉」「水かけ言葉」「胸刺し言葉」

先日参加した「江戸しぐさ」のミニセミナー。

 

そこで次のような言葉を教えてもらいました。はじめて聞いた言葉ばかり。

「戸閉め言葉」

「水かけ言葉」

「胸刺し言葉」

 

 

戸閉め言葉

戸を閉める。それもぴしゃっと。相手の面前で。

人の話を否定する。

人の話を途中で遮る。無視する。

そういう言葉遣いで、相手をシャットアウトすることを「戸閉め言葉」と言います。

人の話を最後まで聞かない、ということは失礼にあたります。

人が言おうとしていることにすぐ、「でも」「それは」「そうじゃなくて」と否定から入ると、相手は話を続けることができません。

自分の話を聞いてくれない人を、人は避けてしまうのです。

「戸閉め言葉」は相手の心を閉ざしてしまう言葉。

 

水かけ言葉

急に冷や水をひっかけられたら、気持ちまでヒヤッとしますよね。

人が話している時に、「で?「だから?」「それで何?」と冷たい言葉をかければ、会話が弾むわけもありません。

「そんなこと知ってる」と小馬鹿にしたり、上からものを言うような態度でけなしたり、文句をつけたり。

相手をけなすような言葉を「水かけ言葉」といいます。

気持ちよく話している時に、冷たい水をかけられたら、心までヒヤッとします。

その場の雰囲気も悪くなるし、気分も悪くなりますね。

 

胸刺し言葉

会話の最中で、胸をグサッと差すような言葉。

そんないい方しなくても・・・と思っても、本人はずばり言ってやった、くらいの感じでしょうか。

会話は断ち切られ、胸はえぐられ、傷つきます。周りにもいい影響はないでしょう。

人の感情を逆なでするような言い方、とげとげしい言葉遣いがされると、もうこの人とはしゃべりたくない・・・と思うわけです。

反論の余地を与えない、バッサリ人を切るような言い方。

そういう人のそばにはいたくないですね。

いつ切られるかわからないですもの。

 

 

人付き合いは会話から。

江戸の時代も現代も、言葉を介して人とお付き合いする以上は

「物言い」ってとても大事だと思うのです。

自分の好きでいい。

自分が思ったことを正直に言うのがありのままだ。

そんな考えをする人もいますが。

相手あってのお付き合い。

所詮、人なんて一人では何もできないんです。

仕事。家庭。親戚づきあいに友達づきあい。

全部、相手あっての関係です。

その一言で、不快な思いをする人がいる。

その一言で、心を閉ざす相手がいる。

その一言で、関係が壊れることもある。

そしてそれを発した当人は、それに気づかない。

 

江戸時代も今も、人間関係にまつわる考え方は同じなんだな。

自分も気を付けよう。と思いました。

 

 

4月12日はこちらをやります。動画編集もスマホでできる、仕事に役立つ使い方の一つです。

仕事に役立つ!SNSで使える!iPhone動画編集1日レッスン【4月12日】

仕事に役立つ!SNSで使える!iPhone動画編集1日レッスン【4月12日】

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼パソコムプラザのホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」
 
▼教室LINE@はこちらをクリック
友だち追加