Twitterは1人でお部屋に閉じこもっていては、誰とも仲良くなれません

Twitterのプライベートレッスン

先日のプライベートレッスンでのこと。

その方は、仕事でSNSを活用したいということで、会社帰りにレッスンをご受講されることになりました。

A先生から引き継いだ内容によると、TwitterやFacebookなどを使ってはいるが、何をどうしたらいいのか?

使い分けなどがわからない。

というようなことでした。

 

お伺いしたSNSのアカウントや会社のホームページなどを拝見して、いろいろと想像を膨らませます。

どんな方なのかな、どんな風に今まで使っていらっしゃるのかな。

どんなご提案ができるかな。何からはじめたら取り掛かりやすいかな。

 

とあるスポーツ用品を取り扱う会社のようで、ホームページはきれいにできています。

動画やお客様の声、よくある質問などのコーナーもありました。

メールマガジンもあるようです。

でも更新が止まっているようで、最新の情報がありません。

 

まったく初めて見たホームページ、少し興味を持ってあちこちのページやコーナーを見た時に、3年前の情報だったり、1年前の投稿だったりとすると、今の私だと「あれ、更新されてないな。忙しいのかな、あるいは飽きちゃったのかな」と思います。

情報発信とは言うほど簡単でもなく、こつこつこつこつと積み上げていくもの。

意識していないと、間隔がどんどんあいていってしまうのです。

 

ホームページやFacebook、Twitterなどを拝見して、まずはTwitterから再挑戦してみるといいな、と感じたので、レッスンの時にそのようにお伝えしました。

 

部屋に一人で、壁に向かってつぶやく

「Twitterってやってはみたんですけれど、反応も何もなくて、これでいいのかな? どうつながるのかな?と思ってたんです」とAさん。

 

確かに。何の反応もないと、これ意味あるのかな? なんて思っちゃいますよね。

でもそれだとまるで一人で部屋にこもって、

「ここに商品がありますよ」

「今度キャンペーンやりますよ」

「これお買い得ですよ」

って言っているようなものなんです。

 

Twitterをやる人は、別にあなたの商品を探しているわけでもない。

あなたのキャンペーンを知りたいわけでもない。

あなたの商品を知らないから、お買い得かどうかもわからない。

・・・という感じかな。

 

実際Twitter上にはたくさんの人が忙しく行き交っています。

だから、どの部屋に誰がいるかなんて、まず知られていないものと思ってください。

その部屋で誰が何をつぶやいているか、なんて誰も気にも留めません。

よほどの有名人でない限り、あなたを探してきてくれる人なんていない。

そういうものです。

 

「そうなんですね。。。。道理で何も起きないわけですね。」とAさん。

 

 

自分から行動を起こそう

Twitterは、とても緩く繋がれるSNSで、書くことも短くていいので気軽に始められます。

でもそのあなたの存在がわからないと、誰とも交流することができません。

あなたを知ってもらい、興味を持ってもらうには・・・。

 

まず1人で閉じこもっているお部屋を出て、どんどん大通りに出かけていかなくては。

そして自分が好きな場所をのぞいたり、ドアをノックしたり、話しかけたり。

あなたからどんどんアクションを起こさなくては。

 

 

 

いいな、と思ったら気軽に「いいね」を

「これいいこと書いてあるな」と思ったらどんどん「いいね」を押してください。

本当に気軽に押していいんです。

 

「え~、押しちゃっていいんですか?」とAさん。

 

いいんですいいんです。

いいな、と思ったら気軽にぽちっと。

誰が「いいね」を押してくれたのかな?

と気になって、自分のところを見に来てくれる人も中にはいるでしょう。

会ったこともない人でも、

「おもしろい!」

「私もそう思う。」

「いい情報だった」

と思ったら、どんどん「いいね」を押せばよい。

 

フォローもどうぞお気軽に

Twitterは、気になる人や団体があったら、どんどんフォローしてください。

 

「え、そんな私なんかが、選手をフォローしたりしていいんですか? 恐れ多い気が・・・」とAさん。

 

いいんですいいんです。

選手だったら、フォロワーが増えたら喜びます。

気になる選手がいたらどんどんフォローしましょうよ。

同じ趣味・趣向の人がいたらどんどんフォローしましょうよ。

もちろん、お相手の最近の投稿なども見た上で決めていいのです。

 

フォローされたら「あれ、誰がフォローしてくれたのかな?」と、見に来てくれる人も中にはいるでしょう。

「あれ、この人も自分と同じ趣味だな。」

「この人と同じものが好きだな」と思ってくれたら、相手もあなたをフォローしてくれるかもしれません。

その繰り返しで、興味関心のある人同士でどんどんつながっていってください。

 

自分が好きなことがあったら、それを書こう

「Twitter、書こうとは思ったんです。」

「でも何を書いていいのか、よく考えてみたんですけれどあまり思いつかなくて」とAさん。

 

そう、Twitterを仕事で活用しようと思うと特に、お店のことを書かなくてはとか、商品のことを紹介しなくては、と思いがちです。

でもそんな投稿をしても、見てくれる人も、いいねを押してくれる人も増えないんですよね。

見てみる人も忙しいから、宣伝なんて飛ばして見ています。

自分には関係ない、とバリヤーが張られるかのように。

でも考えてみれば、自分だってそうですからね。

宣伝っぽい投稿は、あまり興味を持たない。

 

 

まずは自分を知ってもらうところから

実際、お店や商品の宣伝だったら考えられるけれど、それ以外に何を書いていいのか・・・という方は実は多いのです。

だから、お店の宣伝はひとまず置いておいて。

まずは自分の興味のあること、好きなことを書いてみましょう。

 

たまたまこの方は、取り扱っているのがスポーツ用品で、その方ご自身もそのスポーツをされるということでした。

そこで、

・そのスポーツに関する情報

・好きな選手のこと

・オリンピックに向けてのこと

・試合の情報

・商品へのこだわりも、時々。

などを書いてみたらどうでしょうか、とご提案してみました。

 

 

「それなら書けそうです。なんだか楽しくなってきました。」とAさん。

そうそう、その調子。

 

SNSは人づきあいと同じです。

好きなことを書いて、自分が楽しくないとSNSの活用は面白くない。

役立つ情報を書いて、頼りにされたり、楽しみにしてくれたり。

まずはそんな関係を作るところからがスタートですね。

まずは自分を知ってもらうことから。

何が好きで、何に興味があって。

そうして自分を知ってもらうところからはじめましょう。

知ってもらって、親しさを感じてもらう。

そうでなければいきなり仲良くなんてなれませんよね。

SNSといえども、人付き合いと同じなのです。

「私の商品はね」

「私のお店ではね」

「私の仕事はね」

といつも自分の仕事のことばかり話している人とは、なかなか親しくはつきあえませんよね。

 

●●●仕事に活かす!iPhone動画編集レッスン >詳しくはこちら●●●
iPhoneでプロモーションビデオを作りましょう。iPhoneなら撮影から編集まで、これ1台で仕事に活かせる動画が作れます。
2月23日(土)開催
●●●スマホを楽しむクラスがあります!●●●

できることいっぱいのスマートフォンを、手探りで使うなんてもったいない!
普段の楽しみ方から、いざという時、災害時での使い方までご紹介します。
パソコムプラザのスマホクラス >>詳しくはこちら

 


浦安市ランキング

スマホ・携帯
ランキング

シニアライフ
ランキング

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」