スマホを防災に役立てる。災害用伝言板は練習しておこう! | スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」

スマホを防災に役立てる。災害用伝言板は練習しておこう!

マンションの防災訓練の時に「スマホを防災に役立てる」というお話を少しさせてもらいました。(私、マンションの防災部員)
昨日はその続きで、実際にご自分のスマホをお持ちいただいて、実践編。
最初に「iPhone」か「Android」か、その見分け方をやってご自分はどちら?を把握するところから。
ネット検索もあまりやったことのない方もいらしたようで、ほんとに最初の最初のお話もしました。
パソコンは背負って逃げられないけれど、スマホなら避難所まで案内してくれるんですよ。そんなお話も。
普段授業で、生徒さんたちに何度もお話ししていることですが、改めて住民の方に、スマホ先生としてお伝えできることをお話ししてきました。


限られた時間ですので、最初に災害用伝言板をやりました。伝言を「見る」、伝言を「残す」の練習。
書く時の注意事項、見る時の注意事項など。お隣同士で、お互いの安否を確認してもらたりとかも。
それからYahoo防災速報のアプリを入れてもらいました。

今日はとてもその画面の説明まではできませんでした。アプリを追加するにも「パスワード」という難関があって、やっぱり入れられない方もいらっしゃいました。
入れるの初めてで、どこから?何をすれば?という方も。
このあたりが、やっぱり教室の生徒さんとは違うんだなあ、と思います。

 

画面がすぐに暗くなってしまう方も。

初期設定で10秒くらいになっていたのかな?

忙しいですよね、それでは。設定をすこし拝見して、すぐに暗くならないようにしてから再度練習にチャレンジ!

 

 

 

授業では生徒さんにお伝えしたことばかりですが、まだまだご存じない方も多いのです。

もっとスマホを有効活用してもらわなくてはいけませんね。


手元にあるスマホが懐中電灯になることも確認してもらいました。そしてモバイルバッテリーのことも。
浦安という場所は、橋が落ちたら都内に行けないし都内から帰れない。そんな時にお互い連絡を取る手段はやっぱりスマホ。スマホの充電がなくなったとしても、これはなかなか人には借りられないですよ、悪くて借りられない。とても言い出せないと思う。
お持ちでない方はぜひご購入を。また必ず外出時は持って行ってくださいね、とお願いしました。
電源の入らないスマホは、何の役にも立ちません。これを「文鎮化」といいます(笑)。ただの重しくらいにしかならないわね。

 


それにしてもね。。。。。
確かに後ろをよく見てください、とは言いましたよ。
後ろに「リンゴ」のマークがあるかないか、それでiPhoneかそうじゃないかわかりますよって。

でもね、「リンゴ」があったとしてもよ・・・

リンゴのシールじゃ、iPhoneじゃないですからね~(笑)!!!

 

 

●●●スマホを楽しむクラスがあります!●●●
できることいっぱいのスマートフォンを、手探りで使うなんてもったいない!
普段の楽しみ方から、いざという時、災害時での使い方までご紹介します。
パソコムプラザのスマホクラス >>詳しくはこちら

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

増田由紀