講師はインプットが大事 読書のススメ

こんにちは。オンラインで学べる大人のためのスマホ&パソコン教室
www.pasocom.net)代表で、スマホ活用アドバイザーの増田由紀(@yukinojo7)です。
和風なものと嵐が大好きです。シニア世代の方々のスマホレッスンをやったり、スマートフォンやLINEの入門書を書いたり(Amazon著者ページはこちら)、仕事で使いたいのにSNS活用が苦手な方のためのお手伝いをしたりしています。
このブログでは、日々感じるスマホの活用法や私なりの工夫、IT技術の話などをメインに、なるべくわかりやすくお伝えしようと思っています。

 

 

最近読み終わった本。

この本、タイトルがなかなか面白いですね。

バナナの魅力、自分ならどう伝えるかな。なんて考えているうちに、本を手に取ってレジに行ってしまう自分がいます(笑)。

 

講師業は、人に何かを伝える職業です。

人に何かを伝えるには自分がよく理解している必要があります。

よく理解するためには、よく知る必要がある。

自分が使えるだけ、というのと、人に使い方を説明する、というのは違います。

さらには使い方の説明だけじゃなくて、「使ってみよう」と思ってもらえる伝え方ってあります。

 

そんな風に講師はいつも「どうやって伝えようか」とアウトプット(外に出す)ばかり考えていますから、出し続ければ枯渇する。ということでインプット(中に入れる)ことを意図的にしなくてはいけません。

いけない、というわけじゃないけれど、そうしなければ自分自身が枯れていくだけです。

だから私は本を読んだり、人の話を聞く(セミナー)だったり、なるべく情報を取り入れるように努めています。

本は最も手っ取り早く情報が仕入れられるいい手段。

セミナー1回分と思えば、交通費も宿泊費もかけずして人の考えを知ることができる。とても優秀なインプットの手段です。

 

いいな、と思った著者さんの本を続けて読んでみたり、ということもあります。

 

 

本代が高いなあ、と思っていた時期もありましたが

「これ、1回セミナーに行ったと思えば、安いものかもしれない」という思いに至りました。

趣味の本とはまた違って、自分のインプットのための本には、時間とお金をかけるだけのことはありますね。

読むだけで終わりにせず、実践して初めて身につく。

ということなんだと思います。

読書は自分でペースを作れるし、もう一度確認したいという時もすぐにページをめくれるし、読み返せるし、いいことだらけですね。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました