どんな写真だって活かせる #羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権 | スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」

どんな写真だって活かせる #羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権

偉大な業績を上げたアスリートを、一目見ようと・・・

大好きなユヅルくんの写真を、スマホに収めようと・・・

大勢の人が集まった、仙台市でのパレード。

集まった人数はなんと10万人以上。

そして多くの方が、その姿を写真に収めようと、カメラやスマホを構えて羽生選手の通り過ぎるのを待ちます。

きれいに撮影したい。

でもスマホを構えていても、人込みで上手に撮れない。

そんな写真がツイッター上にあふれています。

 

題して「羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権」。

このキーワード(ハッシュタグ)で検索すると、皆さんの力作がツイッターで確認できます。

もうね、どんな写真だって、羽生選手が愛されてるってことがわかりますね(笑)。

 

 

遠いし。

ピント合ってないし。「徐行」の上に乗ってるし・・・

でもいいねの数、すごいですよ。「15.2K」とあります。

1K=1,000 ですから、15.2Kで15,200いいねとなります。

 

 

きっと何回も撮ったんでしょうね。

でもこういう時だけタイミング合っちゃうんだよね。

 

撮影場所の問題だよね。。。ほかの場所に移れないしね。

 

 

 

 

ピントが合ってほしいところには合わないんですよね。

どうして奥?

どうして手前??

 

 

練習したのにこれ。って気持ち、わかります。

歓声の中、みんながカメラを構えてる。人にぶつかって手がぶれる。

肝心の主役にピントが合わない~!

 

スマホ写真あるあるですね。慌てていたのかな。

自分撮ってる・・・

 

 

タイミングの問題なのよね。あ~~~って、撮った人が一番思ってますね、きっと。

 

場所が悪かったのよ。きっと。そう。

 

気持ちはわかる。

きっとその目で見たかったんだよね。

 

肉眼では見えたはず。ね、きっとそうだよね。

 

 

番外編で、平昌で撮った写真もありました。プーさんがいい味出してますね。

 

でもこんなハッシュタグができるくらい、多くの人が写真を撮りました。

#羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権

そして失敗写真であっても、話題になるというわけ。

どんな写真だって使えるっていういい例ですね。

それくらい、ツイッターは気軽に楽しんでいいものなのです。

 

きれいに撮れてないと、など思わずに気楽に投稿してみましょう。

ピンボケ写真だって話題にできますからね。

それにしても羽生選手、愛されてるな~!

 

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

増田由紀