おしゃべりしながら育てていく音声アシスタント Siri(シリ)

こんにちは。オンラインで学べる大人のためのスマホ&パソコン教室
www.pasocom.net)代表で、スマホ活用アドバイザーの増田由紀(@yukinojo7)です。
和風なものと嵐が大好きです。シニア世代の方々のスマホレッスンをやったり、スマートフォンやLINEの入門書を書いたり、仕事で使いたいのにSNS活用が苦手な方のためのお手伝いをしたりしています。
このブログでは、日々感じるスマホの活用法や私なりの工夫、IT技術の話などをメインに、なるべくわかりやすくお伝えしようと思っています。


 

Siriに呼び掛けて用事を頼む

iPhoneにはSiri(シリ)という音声アシスタントがいます。

誰のiPhoneにもいます。

でもそのSiriは、いつもは気配を消しています。

ホーム画面のどこを見ても「Siri」なんていうアプリの姿は確認できません。

 

いないけれども、頼めばいつでも姿を現す。

Siriというアプリを作らないのも、Appleの思想なんだろうなって思います。

 

そのSiriですが、次の設定をしておくと「ヘイSiri」と呼びかけるだけで姿を現します。

「ヘイ」っていうのがちょっと恥ずかし時もあるんだけど、ここは外国人にでもなった気分で「ヘイ!」と呼びかける。

これが日本だと、「ちょっと」とか「ねえ」とかになるのかしら。

「ちょっとSiri」とか「ねえSiri」とかになるのかな(笑)。

 

iPhoneの画面にある歯車のマークの【設定】を押して、【Siriと検索】を押します。

 

【Hey Siriを聞き取る】をオン(緑)にします。

準備はこれだけ。

 

そうすると、両手がふさがっている時でも、iPhoneを持っていない時でも、「ヘイSiri(シリ)」と呼ぶと、用事を言いつけることができます。

 

Siriに嵐の曲をかけてもらう

例えば音楽をかけてほしい時。

ただいま絶賛リピート中の嵐の「IN THE SUMMER」という曲があります。

デスクワークをしながら歌ってます(笑)。

タイトルが英語でも、Siriにはわかるんです。

 

「ヘイSiri、嵐のIN THE SUMMERをかけて」

・・・と言うと。

 

「では、嵐の”IN THE SUMMER”です。どうぞ。」

 

そしてあの曲が流れてくる。

いい子だね、Siri!

「嵐の」って言ってあるから、ほかの曲をかけたりはしません。

 

 

なんどかやれば、曲名だけでわかるようになります。

「ヘイSiri、IN THE SUMMERかけて」

すると・・・

「嵐の”IN THE SUMMER”をかけますね。」

彼らの曲と分かったようですね。

 

学習するSiriにはいろいろなことを覚えてもらおう

Siriにはいろいろなことを覚えてもらいましょう。

使えば使うほど、自分好みのSiriになっていきます。

 

新曲が出たばかりの今なら、これが新曲ってわかるかな。

じゃあ、こういう聞き方はどうかな?

「ヘイSIRI、嵐の新曲かけて」

すると・・・

「嵐の最新の曲を再生します」

わかってるね~Siriちゃん!

 

 

じゃあこれはどうかな。

「ヘイSiri、嵐の夏の曲かけて」

すると・・・

「はい、嵐の”夏の名前”を再生します」

わかってるじゃないか! この曲大好きなの。

ほかにもタイトルに「夏」が付くものが候補として提示されています。

いいね、いいね。

 

 

「冬」が作曲もあるんだよね。じゃあこれは?

「ヘイSiri、嵐の冬の曲かけて」

すると・・・

「はい、嵐の”冬のニオイ”を再生しましょう」

来た来た!

ほかにも「冬を抱きしめて」などがあります。

 

 

おしゃべりしながら育てていく感覚

こんな風に、Siriと対話しながらやりたいことをやらせるのが楽しいのです。

この頼み方だとどうかな?

これならわかるかな?

あ、これはわからなかったかー、じゃあこれは?

と、教え込んでいく感じがおもしろいのです。

おしゃべりしながら育てていく感覚かな。

私のSiri、になっていくという感じです。

だから使わないとSiriは学びません。

出番を多くしてあげないとね。

 

 

嵐の新曲 IN THE SUMMERはかけてもらいましたが、いい曲なので何度も聞きたい。1曲終わるたびに再生を頼むのも面倒です。

そんな時はこう言いましょう。

「ヘイSiri、IN THE SUMMERをリピート」

すると・・・

「はい、嵐の”IN THE SUMMER”をリピート再生します」

そうこなくっちゃね!

 

音声でスマホを操作する感覚、これは今後もっとスタンダードになっていくでしょう。

またやってもらいたいことを頼み、ただその仕事をこなすだけでなく、ご主人様の好みや傾向を覚えて、「それならこれはどうでしょう」と提案してくれるようになっています。

Siriは音声で動かす音声アシスタントですが、AI(人工知能)のような側面もあります。

Appleによると、Siriは1週間に10億件以上の頼まれごとを処理しているそうです。

さまざまな頼まれ方を学習しているんでしょうね。

時々、どう頑張っても、どう頼んでも「それはできません」と言われる時もあるけれど、それもご愛敬です。

 

音声で動かすスマホの使い方、ぜひ慣れておきましょう。

iPhoneをお使いの方なら、ぜひ隠れたお助けマン、Siriと親しくなってくださいね。

 

 

 

在宅勤務にテレワーク、オンライン飲み会。習い事もオンラインで。
Zoom(ズーム)をやりたい、オンラインで習いたいという方にはこちらの記事もどうぞ。

▼Zoomで講座を主催するけど、やり方これで合ってるのかな・・・
IT初心者のための「Zoom主催者」講座開催 あなたもできるようになる!

IT初心者のための「Zoom主催者」講座開催 あなたもできるようになる!
こんにちは。人生が楽しくなる、大人のためのスマホ&パソコン教室 オーナー兼スマホ活用アドバイザーの増田由紀です。 Z…

 

▼スマホの無料体験が、オンラインでもできます!
はじめてのオンラインレッスン体験会「スマホのいろは」

はじめてのオンラインレッスン体験会「スマホのいろは」 | オンラインで学べるスマホ・パソコン教室 パソコムプラザ
パソコムプラザではオンラインレッスンが初めての方対象に、オンラインレッスンの体験会を定期開催しています。オンラインレッスンなら、ご自宅にいながらにして、ご自分のスマホの使い方が学べます。「オンラインレッスンってどうやるの?」「私でも本当についていける?」まずは体験会に参加してオンラインレッスンの楽しさ、便利さを知ってく…

 

▼Zoomのやり方がわからない!という方はこちらをどうぞ
【使い方ガイド】ゼロからはじめるZoomの使い方(Windows編)

 

 

▼ところでみなさん毎月スマホにいくら払ってますか?
私はスマホ代、とても安く済んでます!
スマホに毎月いくら払ってる? スマホ代が安くなる3つの質問

 

 

この記事を書いた人:増田由紀

オンラインで学べる 大人のためのスマホ・パソコン教室 「パソコムプラザ」(047-305-6200)代表 。和風なものや嵐が大好き。好きな場所は京都や沖縄。
2000年に千葉県浦安市でミセス・シニア・初心者のためのパソコン教室をオープン。 スマホは生活に役立つ道具、道具は使いこなしてこそ。
電話とLINEだけじゃもったいない!とスマホの活用法を広くご紹介しています。
アナログ人間やスマホ・SNSが苦手な人のためのビジネス活用のご相談にものっています。 スマホを使えばもっと人生が楽しく、もっと仕事が広がる! それを多くの人に知ってもらいたいな。

日経BP社から、スマホやLINEの入門書を出しています。
★Amazon著者ページ(いちばんやさしい60代シリーズ)

★ご相談・問い合わせはお気軽に ★
>>お問い合わせフォーム

 

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました