技術料って何に対してかかっているのかな

こんにちは。スマホ活用アドバイザーの増田由紀です。

 

こんなTwitterの投稿に、たくさんの「いいね」が付いています。

パソコンの不具合を短時間で直した。

かかった時間が短時間だったから、技術料はかからないでしょう?

ってことなのかな。

 

時々あります。こういうの。

ものすごく簡単に、あるいは短時間で解決してしまった。

正規の料金を払う必要があるの?

あるいは請求してもいいの?

みたいな。

 

でも、依頼した人に直せなくて、プロには簡単に直せるということは、「どこがおかしいか」をプロはすぐに見分けることができたということです。

ではどうして、プロはおかしい所を簡単に見分けることができたのでしょう。

プロだから?

いえいえ、プロだって最初からできるわけではないのです。

様々な事例にぶち当たって、そのたびに自分で研究したり、調べたりして、知識を積み増していったのです。

時間をかけて検証して、スキルを磨いていったのです。

最初から何でも知っているわけではないのです。

 

事例を調べる時間。

検証にかかる時間。

一つ一つ、原因を探る時間。

そうした時間を費やしてきたから、「あ? これがおかしいんじゃないのかな?」とすぐに見分けたり、気が付いたりすることができるのです。

 

プロだから簡単にできるんでしょ。

そんな簡単にできるのに、お金取るの?

そんなに高いの?

という考えはおかしいのです。

「なんか、いただいてもいいのかな。。。」という迷いも、本来であれば正当にいただいてよいわけです。

提供側も、自信を持っていいってことです。

経営者としては、人が動けば対価も発生するわけです。

「今までに積み上げてきた経験&費やしてきた時間」+「目の前でやった作業費」が、技術への対価ということになるのです。

 

教室で、何かを設定して設定費をいただくのもそういう理由からです。

その代わり、後で困らないようにきちんと設定をします。

今まで積み重ねてきた経験から、このように設定すれば、あとで困らない。

ということが、何度もやってきたからわかるのです。

 

何を先にやって、何を後にやるのか。

ここに入れる文字はなぜこれなのか。

これをオンにして、これをオフにするのはなぜなのか。

それらを研究してきたから、わかるわけです。

 

だからたとえ10分で終わる設定であったとしても、きちんと設定費というのをいただいているわけです。

 

でも、まれに、初めて教室にお越しになってご依頼される方で

「(え、これしかやってもらっていないのに)結構するんですね」とおっしゃる方も、いらっしゃいます。

例えば、たった1枚、役所に提出する書類が印刷できない。とか。

大事なメールがどうしても受け取れない。とか。

 

そのお客さまにしてみると、

「紙を1枚印刷してもらった「だけ」なのに」

「メールを1通、受け取った「だけ」なのに」

ということなのかもしれません。

 

でもそのお客さまにはできなかった。

私たちにはできた。

その差は何かというと、今までの知識と積み重ね。というわけです。

1枚の紙に、1通のメールに、お代をいただいているわけではないのですね。

 

そんなお客さまにお会いすることは、幸いにしてめったにないのですが

何となく、寂しい気がするものです。

 

 

 

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
●パソコムプラザのLINE 友だち追加
●パソコムプラザのホームページ
●パソコムプラザ twitter
●パソコムプラザ Instagra
 
▼私のSNS
★増田由紀 Facebook
★増田由紀 InstagramInstagram(お弁当)
★増田由紀 Twitter
★増田由紀 YouTube

▼私の書いた本(Amazon著者ページ)
★Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」

 

 

記事のシェアをお願いします!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました