社長の仕事はご機嫌でいること

こんにちは。スマホ活用アドバイザーの増田由紀です。

 

突然ですが。

社長の仕事って何だと思いますか。

会社の方針を決めること?

会社を上手に回すこと?

いい人材をとること、いいサービスを提供すること?

会社を発展させること?

 

確かに。

全部、社長の仕事と言ってもいいかもしれません。

 

でも、最近よく思うのです。

社長の仕事は、ご機嫌でいることかなって。

いつも笑っていること。

 

 

社長として約20年過ごしてきました。

まったくの素人が社長になって会社を運営するのです。

楽しいことばかりだったか、と言えば。。。どうかな。

悩むことも多かった。

嫌なこともあった。

気を遣うこともたくさんあった。

 

売上を上げて、給料を毎月お支払いして、必要経費を払って。

それを毎月、毎月繰り返していくわけです。

経済学部を出たわけでもない。

経理に明るいわけでもない。

会社経営の素質があるわけでもない。

抜群の目利きでもない。

数字の読み方もわからない。

 

そんな私が社長をやるのですから、決して上手な経営とは言えないでしょう(笑)。

経理のこと、お金のことは夫の方がセンスがありますし。

 

いろんな本を読んで、勉強会に出て、学んで・・・と成長するための学習はしてきましたが

最近は特に、そういうことも大事なのですが、心の持ちようの方がもっと大事なのかな、と思えるようになってきました。

 

大きな声であいさつをして、いつも笑っている。

いろんなことがあっても、いつも笑っている。

社長がしかめっ面をしていては、周りの雰囲気も悪くなります。

社長が機嫌が悪いと、空気も重たくなります。

社長がいつも大変だ、大変だ、と言っていると、みんなも「なんか大変なんだな・・・」と思ってしまいます。

 

いつも笑っている。

人って意識しないと、すぐに心配事や悩み事に引っ張られてしまうようです。

どうしよう・・・とか。

困った・・・とか。

そういう思いの方が、きっと「強い力」があって、あっという間に心を占領してしまうのかもしれません。

 

それよりも

大丈夫。

何とかなる。

まあ、こんなこともあるさ。

別に私だけじゃない。

そういう考え方もあるな。

へえ、そうなんだ。そういう意見もあるんだ。

いいことしか起きない!

何でも勉強。

これも経験。

 

というように、前向きにとらえていった方が、よいようです。

前向きに、というのがちょっと漠然としているかもしれないので、私なりの解釈で

ご機嫌でいる。いつも笑っている。

と、置き換えています。

 

同じ24時間を過ごすなら、ずーっと悩んでいるよりも、ご機嫌でいた方がいいでしょう。

私はすぐ悩んでしまうたちなので、なるべくその沼にはまらないようにしたいわけです。

いつも笑って。

いつもご機嫌で。

それがとても大事なんだな、と最近特に感じているところです。

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼パソコムプラザのホームページ
友だち追加
 
▼増田由紀Twitter
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」