慎重と臆病と大胆

あなたは慎重な方ですか?

それとも大胆?

 

同じ質問をされたら、私は「慎重な方」と答えると思います。

「石橋を叩いて渡る」ということわざがありますが、「石橋を叩いて割る」という面が無きにしも非ず。

なかなか新しいことや環境に飛び込めないタイプです。

 

一方、私は大胆なところがあると言われます。

新しいことに大胆に挑戦するイメージを持っている方も多いようです。

確かに、新しいこと、珍しいことは好き。

「え!?」と思われるような、大胆な行動をすることもあるかな、確かに。

 

慎重なのか、大胆なのか、と聞かれたら、その両方の面があると言えるでしょうね。

慎重さは長女だからなのか(笑)。

間違えないように、失敗しないように、という考えがあっての慎重さかもしれません。

 

じゃあ臆病?

臆病と慎重は違うのですよね。

 

慎重とは大辞林にこう解説があります。

注意深く、落ち着いて、軽々しく行わないこと(さま)。

軽いノリで物事に取り組めない私です。

走りながら考えればいい、というやり方が、なかなかできない。

やってから考えろ、と言われてもそれができない。

やる前にいろいろ考えてしまいます。

やるの遅い! と自分でも思います。

走りながら考えるタイプの人、私の友だちにもいます。

あんな風に身軽にはできないんだよなあ、とうらやましくも思います。

 

 

 

臆病は大辞林によると

気が弱く、ささいな事おもこわがって、びくびくすること(さま)。

突然の出来事によって、すっかり慌て驚くこと。

臆病ではないと思います。

びくびくはしていないと思う。

そんなに可愛い心臓もってないな(笑)。

 

 

ちなみに大胆はこう。

度胸がすわっておおらかであること。物事に恐れたり臆したりしないこと。また、そのさま。豪胆。

度胸がすわっている人っていますよね。

そうありたいな、と私も思います。何が起きてもどーんと構えていられるような人。

おおらかで、堂々としている人。

どんな状況でも、おおらかな気持ちでいたいと思います。

会社のトップが右往左往していてはいけませんしね。

どーんと構えて笑っていられる、というのは理想ですね。

 

 

人は時に慎重になったり、大胆になったりする。

同じ人でも慎重な面があったり、大胆な面があったりする。

私にも2つの面がある。

慎重と大胆の差はどこからくるんだろう。

今日はなぜかそんなことをふと思いました。

 

 

自分自身のことを考えると、

慎重になる時というのは「準備不足」「調査不足」の時だな、と思います。

実際の準備すべきことが足りていないという準備不足もあれば、

まだ心が定まらない、心の準備が足りない準備不足もあります。

そういう時、私は行動を起こせない。

どんなにいろいろ勧められても、周りがやっていても、どうしても踏み切れない。

やればいいのに、できない。進めない。

煮え切らない態度だと自分でも思います。

でも岩のように動かない自分の心はどうしようもない。

そういう意味では、慎重すぎるぐらい慎重かもしれません。

 

 

じゃあ、私が大胆な時ってどんな時だろうと考えてみました。

そのことについての調査が十分済んでいる時。

そのことについての知識が十分ある時。

そういう時は、とっさの判断で「それやろう」と決めることがあります。

そのために十分考える時間を取ったわけではなくても、

それを判断するための予備知識がたまたまあって即決できる、というケースですね。

考え事の長さじゃないのかもしれません。

それから「ピン」と来た時は、大胆な決断をすることもあります。

この「ピン」は説明のしようがないですね。

「ん、いいかも。いけるかも。」という時。

頭の一カ所が、本当に「ピーン」と鳴るのです。

鈍いくぐもったようなピーンという音もあれば

短く鋭いピーンという音もあります。

確かにあるのです。ピーンという音が。

 

 

ビジネスチャンスはいつ転がってくるかわからない。

即断即決がいつもできるとは限りません。

何か気になることがあったら、興味を持って調べておくとか

いいかもと思ったら試してみるとか。

面倒くさがらずに調べたり、試したり。

そういうことを日常にあって

それらが知らないうちに積み重なっていって、

即断即決の役に立つことって、ありますね。

 

 

 

 

 

 

今年もスマホ祭りやります! 楽しいイベント満載。

どなたでも気軽にお越しになれるミニイベントなども企画しています。

期間は3月12日(月)~29日(木)です。

ぜひ今から予定に入れておいてくださいね!

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

◆8/19・女性雑誌ハルメクでオンライン講座開催!

定期購読雑誌で、50代からの女性に大人気の雑誌「ハルメク」で、オンライン講座の講師をします。内容は「スマホを安全に使う方法」について。

◆ パスワードはどうすれば安全?
◆ 何個もある場合は、どう管理すればいい?
◆ あやしいメールや通知が来たら、どうすればいい?
◆ 知らないうちにお金や個人情報を取られないようにするには?
◆ スマホにはウイルスの心配はないの?

参考 https://www.halmek-holdings.co.jp/news/press/2022/g9fjucxkcc/

オンライン講座は、ハルメク読者でなくてもご参加いただけます!
これ知ってたら安心! ドキドキしないで使いたい。自分のスマホとしっかり向き合いたい方にお勧めです。

  • 「どんどん使いたくなるスマホの不安解消講座」
  • 8/19(金)14:00~
  • オンライン講座なので全国どこからでも!
  • 参加費 500円
  • 講師 増田由紀
  • 聞き手 ハルメク編集部スマホ特集班

多くの方のご参加をお待ちしております!

お申し込みはハルメクWebサイトから
https://halmek.co.jp/corp/travel-event/527
またはハルメクへのお電話 0120-86-1094

◆この記事を書いたのは・・・

 この記事を書いた人:増田由紀 

オンラインで学べる 大人のためのスマホ・パソコン教室 「パソコムプラザ」(047-305-6200)代表 。和風なものや嵐が大好き。好きな場所は京都や沖縄。
2000年に千葉県浦安市でミセス・シニア・初心者のためのパソコン教室をオープン。 スマホは生活に役立つ道具、道具は使いこなしてこそ。電話とLINEだけじゃもったいない!とスマホの活用法を広くご紹介しています。
入門書の執筆、記事監修、講座企画、デジタルやSNSが苦手な人のためのビジネス活用コンサルもしています。スマホを使えばもっと人生が楽しく、もっと仕事が広がる! それを多くの人に知ってもらいたいな。

●日経BP社からスマホやLINEの入門書を出しています>>★Amazon著者ページ
●こんな仕事もしています>>メディア・書籍等掲載歴
●お問い合わせ、お仕事の依頼はこちら>>お問い合わせフォーム

◆パソコムプラザ

パソコムプラザは、2020年10月からオンラインスクールへ移行。在校生は60代~90代まで。全国どこからでもご自宅からオンラインでご受講いただけます。オンラインが初めての方には、まずは【はじめてのオンラインレッスン無料体験】からどうぞ!

ビジネス活用
スポンサーリンク
\お役に立ったらシェアお願いします/
お気軽にフォローしてください
スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました