星野リゾート奥入瀬渓流ホテルに泊まる 青森への旅行その3

奥入瀬渓流を歩けたらいいな、くらいに思っていましたが、なんと2回も歩いてしまいました。

 

困った時はプロへ聞け! 青森への旅行 その1
星野リゾート青森屋に泊まる 青森への旅行その2
星野リゾート奥入瀬渓流ホテルに泊まる 青森への旅行その3

 

青森2泊目は、同じく星野リゾートの奥入瀬渓流ホテル。

ホームページはこちら

 

レンタカーを借りているわけでもないので、移動には悩みますが、星野リゾート青森屋から星野リゾート奥入瀬渓流ホテルまでは無料のシャトルバスが出ているので、

それを利用することにしました。

本当はチェックアウトまでのんびりしていたいところなのですが、公共機関での移動を考えるとちょっとなあ。

9:30出発と時間が早いのが難点ですが、ここは無料シャトルバスに頼ることにしました。

道路もすいていたので1時間ちょっとでホテルへ。

そして奥入瀬渓流ホテルからちょうど11:00に出発する、奥入瀬渓流へ行くシャトルバスがあるので、タイミングよくそれに乗ることにしました。

 

十和田湖から流れ出るたった1本の川が奥入瀬川。

水量も安定しているため、すぐそばに遊歩道を作ることができたそうです。

また高低差200メートルというゆるやかな坂ということで、自然に近いけれど、重装備でなくても楽しめる、そんな奥入瀬渓流です。

こんなに近くまで寄れるなんて知りませんでした。

 

下流から上流に上るのがおすすめだそうです。

それは常に、自分に向かってくる水の流れを見ながら歩けるから。

左を見れば車道で車がどんどん走っていくのですが、右を見ればそこには豊かな自然が。

 

水の音は耳に心地よく、ホテルで長靴を貸してくれたので、ぬかるんだ道でも全然気にせずに歩けました。

渓流沿いの散策は本当に気持ちがよくて。

 

あちこちで足を止めては、写真をたくさん撮りました。

 

かなり水に近いでしょう?

 

なんて素敵な渓流。

早めにホテルに到着した甲斐がありました。

 

渓流でのんびりと散策、写真撮影を楽しみました。

でもあの水の流れをもっときれいに撮れないかな。

 

シャトルバスの時刻に合わせてホテルに戻り、お茶を飲みながらチェックイン時間待ち。

特徴的なラウンジ。中央のオブジェは岡本太郎作「森の神話」です。

 

旅のお供は6個口コンセントです。私の必須アイテムです。

 

もう一つのオブジェは「河神」。こちらも岡本太郎作。

 

ここでは夜、「森の学校」というイベントがあります。

奥入瀬渓流散策をもっと楽しめるお話を聞くことができます。

そうだ、明日も行ってみよう。

きっと我が家のメンズは夢の中だと思うけれど、私だけでも早起きして行ってみよう!

そう思いました。

 

こんな写真が撮りたくて。

一人早起きして行ってきました。

 

水が糸のように流れているみたいな写真です。

 

こちらはホテル近くの散歩道。

 

青森滞在中、ずっとこんな天気でした。

でも奥入瀬渓流は水にぬれた姿も美しく、思い出に残る青森旅行となりました。

 

 

教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://masudayuki.com です
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
初心者・シニアのためのスマホ・iPad・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページは こちらをクリック
▼授業の動画などはYouTubeで こちらをクリック
▼日々のつぶやきはTwitterで こちらをクリック
▼趣味のスマホ写真はInstagramで こちらをクリック
▼つながりや交流が見えるFacebookは こちらをクリック
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone 7、7 Plus」本のご注文(Amazon)はこちら
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone7、7 Plus」著者からひと言はこちら

お気軽にお問い合わせください。047-305-6200受付時間 9:30-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

教室ホームページはこちら