楽しそうにやっている? 動画が教えてくれること

こんにちは。スマホ活用アドバイザーの増田由紀です。

 

私の夫は、よく私の授業の時の動画を撮ってくれたりします。

専属カメラマンみたいな役割を買って出てくれているのでしょう。

ありがたいことです。自分で自分は撮影できませんからね(笑)。

それを素材に、動画を作ったり、自分自身を振り返ったりできるのでとても感謝しております。

 

自分で自分の動画を見て、いろいろとチェックすることがあります。

例えば話すスピード。声の大きさ。

聞きやすいかどうか。活舌はよいのかどうか。

声は通っているのかどうか。

映像を見ないで、イヤフォンで音声だけ聞いていると、反省点もたくさんあります。

この言い方だと、うまく伝わらないかもしれないな。とか。

操作に迷ってしまうかもしれないな、とか。

 

特に「この、その、あの」という言葉。

講師が「この」と思っているモノと、聞いている方が「この」と思っているモノが違ってしまうと、話がかみ合わないことになります。

書き言葉でも、しゃべり言葉でも、「この」は何を示しているのかをちゃんと添えているのかどうか。

そんなことが気になったりします。

 

また、例えがわかりやすいかどうか。お相手の年代や属性、習熟度に合わせて、わかりやすい例え話になっているかどうか。

IT用語というのはとかくカタカナや英語、略語が多いものです。

またクラウドやバックアップなど、モノではなく考え方、概念、手で触れないものなどは特に、普通に説明しているだけではとらえにくいものがあります。

 

映像を見る時には、表情や間。相手が話そうと思っているところを遮っていないか。

相手の話すタイミングと合わせられるか。

気になる癖はないかどうか。

などなど。

 

でも、それら細かいことは置いたとして、私が一番チェックしているのは

「楽しそうにやっているのかどうか」ということです。

私自身が、楽しそうかどうか。

笑顔で仕事できているかどうか。

 

楽しそうにやっている人を見ると、見ているだけでなんとなく口元が緩んでしまったりします。

楽しそうにやっている人を見ると、ついつられて笑ってしまったり。

その人の醸し出す雰囲気というのかな。それが場の雰囲気を作ったりします。

楽しそうなところに人は集まると言いますが、確かにそうだと思うのです。

 

真面目そう。

辛そう。

大変そう。

そういうところには、なかなか人はいつかない。親近感も持てない。

 

楽しそうな人。

楽しそうな場所。

楽しそうな時間。

そういうモノがご提供できていれば、とても嬉しいのです。

 

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
●パソコムプラザのLINE 友だち追加
●パソコムプラザのホームページ
●パソコムプラザ twitter
●パソコムプラザ Instagra
 
▼私のSNS
★増田由紀 Facebook
★増田由紀 InstagramInstagram(お弁当)
★増田由紀 Twitter
★増田由紀 YouTube

▼私の書いた本(Amazon著者ページ)
★Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」

 

 

記事のシェアをお願いします!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました