人生の最後に見たいものは何ですか | スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」

人生の最後に見たいものは何ですか

3月にお父様を見送られた生徒さん。

ちょうど授業でやった、スマホでプレゼンの課題で、その方はお父様に見せるためのアルバムを作られました。

スマホは人を幸せにする道具であってほしい。生徒さんの言葉にジーンと来た日(2018/3/20)

 

今日の授業で、病院の方に撮ってもらったその時の写真をいただきましたので、許可を得て使わせていただいています。

病院のプロジェクターに映し出された、お父様の思い出の写真たち。

生徒さんが、それを手元のiPhoneで操作します。

お父様が寝ながら見られるように、画像を天井に映し出しています。

 

お父様にとっての現役時代のお写真、お子様方がまだ小さかった時のお写真、楽しかった思い出の写真。

それを天井に大きく映しながら、お父様は「楽しいねえ」とおっしゃって、何度も見てくださったそうです。

そしてこの数日後、空へと逝ってしまわれました。

 

人生の最後に見た写真。お父様にとって、どれも佳き日のお写真であったことでしょう。

 

私は人生の最後に何を見たいかな。

きっと大きな出来事やイベント、旅行の写真などを見れば、その時のことが懐かしく思い出されるでしょう。

でも、ごくごく普通の日常を撮影したものも、意外といろいろなことを思い出すのかもしれません。

 

スマホにしてから撮った写真はおおよそすべて、空にある倉庫=クラウドに保存されています。

見返すのに困るぐらいあるのです(笑)。

でもその倉庫、キーワードを入れて検索することができますからね。

Googleフォトで見つけたい写真を検索する(2017/1/15)

 

最近のクラウドは、顔認識機能が付いています。

「誰が」写っているか、分類してくれるのです。

一人の人の成長を追いかけることもできます。

 

ある小さなかわいい男の子が、無愛想で無口な少年になっていく様子も、クラウドは知っています(笑)。

ある一人の女性が、汗をかきながら先生になり、教室オーナーになる様子も、クラウドは知っています。

 

仕事柄たくさんの写真を撮り、撮られ、という私です。

お気に入りの一枚を見つけるのも時間がかかること。

だから時々写真を見返しながら、特に気に入ったものは、「お気に入りにする」という分類をしています。

私が最後に見たいものは、そのお気に入りの写真達かな。

思い出して楽しい感情をもたらしてくれる写真です。

悲しい写真、悔しい写真、残念な写真はその中には入れていません。

正確には

「実はこの時悲しいと感じていた」

「実はこの時、超悔しかった。超ムカついていた。」

「実はこの時、あまりに残念でがっくりしていた。」

何ていう感情は、写真と共に覚えているものなのです。

私は特に気に入った写真を見る時は、音もセリフも、雰囲気も、自分の感情も、写真の中から聞こえたり感じられたリするのです。

ちょうどQRコードをスマホで読み込むと、該当するホームページや動画が出て来るのと同じ感じ。

写真を見ると、その時のその場面に戻れるの。

 

私が最後に見たい写真はきっと、楽しかったひと時に私をしばし連れて行ってくれるのでしょう。

生徒さんのお父様は、きっとそんな楽しい時間旅行をしたのではないかな。

 

生徒さんのお話を伺いながら、そんなひと時がスマホで作れたことに、ひそかな喜びを感じたのでした。

 

 

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

増田由紀