主婦の友社での撮影と打ち合わせでした

こんにちは。オンラインで学べる大人のためのスマホ&パソコン教室
www.pasocom.net)代表で、スマホ活用アドバイザーの増田由紀(@yukinojo7)です。
和風なものと嵐が大好きです。シニア世代の方々のスマホレッスンをやったり、スマートフォンやLINEの入門書を書いたり(Amazon著者ページはこちら)、仕事で使いたいのにSNS活用が苦手な方のためのお手伝いをしたりしています。
このブログでは、日々感じるスマホの活用法や私なりの工夫、IT技術の話などをメインに、なるべくわかりやすくお伝えしようと思っています。

 

今日は目黒の主婦の友社で、写真撮影がありました。

「ゆうゆう」という月刊誌で、スマホの連載記事があるのでその打ち合わせをかねて、編集部にお邪魔しました。

主婦の友社が発行している雑誌なのですが、この主婦の友社が入っているビルの上にはAmazonさんが入っていて、かなりの人数が出入りをしています。

またAmazonということもあって、人の出入りもかなりセキュリティが高いビルになっているようです。

新型コロナウイルス感染防止のため、エスカレーターの中は「会話禁止」となっていました。

 

今日の打ち合わせは、昨年担当したスマホ連載記事の続編のための打ち合わせでした。

また、仕事でかかわらせていただいたこちらの本も増刷ということで、うれしいです。

 

ページの中で使われる先生のポーズということで、「OK!」のポーズ、考え中、ひらめいた! それはだめ、ここがポイント!

など・・・リクエストに応じていろんなポーズをしました。

人前でポーズするのは恥ずかしいけど(笑)。

編集者さんの仰せのままに動きました。

 

記事の内容の打ち合わせもしましたが、「読者からの質問で○○というのがあるのですが」と、それを題材にする場合があります。

私はその「○○」に答える前に、その方はどうしてこういう質問をしたんだろう、と考えます。どうしてそれをしたかったんだろう。何があったんだろう。

例えば「写真の断捨離をしたいのですが」という質問があったとします。

「写真の断捨離はこうやればいいですよ」と答える前に、どうしてその人は断捨離をしたくなったんだろう、と思うわけです。

実際の写真と違って、スマホの中にどれだけ写真があったとしても場所を取るわけではありません。自宅ならアルバムを断捨離してものが片付くってあるけど。

それでもしかするとその人は

「肝心の写真を探そうとすると、関係のない物ばかりが出てきて探しているものが見つからない。」

「これは写真が無駄にたくさんあるせいだ」

「だから断捨離したい」

・・・と考えたのかもしれない。

 

あるいは同じような写真をまとめておきたい、という意味で「断捨離したい」とおっしゃっているのかもしれない。

 

それによって、お答えする内容も変わってきます。

断捨離=写真を捨てる、とはならないわけです。

そんなことを気にしながら、編集部の方と話を進めてきました。

5月号のゆうゆうから、短期連載が始まる予定です。

どんな紙面になるのか楽しみです。

 

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました