LINE Payで300億円あげちゃうキャンペーン、お客さまは使う場所を探しています

LINE Payの300億円祭り、自腹を切らずに友だちにお金が送れます
 
個人間送金するためには本人確認が必要です
お客さまも使える場所を探しています。店舗にとってはチャンスです。

こんにちは。スマホ活用アドバイザーの増田由紀です。

本日(5月20日)からスタートした「LINE Payで300億円あげちゃうキャンペーン」。

これは、自腹を切らずにLINEの友だちに1000円送れる!というキャンペーンです。

1000円あれば、ランチを食べたり、何かを買ったりできますね。

実施期間は5月20~29日。お互いに送りあった金額が300億円に達した時点で終了します。

送れる人数は1日500人まで、受け取れる額は1人当たり最大1000円、1回のみ。

 

このキャンペーン、1つ条件があります。

それが「本人確認」をするということ。

そもそもLINEで友だちに送金しようとしたら、「本人確認」が必要なのです。

 

今回のキャンペーンはその、「本人確認」する人を増やして、LINE Payの普及を広げていこうというもの。

そこに300億円を投資するのです。

 

 

教室でも、このキャンペーンをご紹介して、希望者には本人確認のお手伝いをしました。

名目上は、キャンペーンに参加して1,000円をもらおう! なのですが、「本人確認」が済んでいればキャンペーンが終わった後も「個人間送金」ができます。

友だちに立て替えてもらった金額を、現金の持ち合わせがないからまた次回・・・とするのではなく、LINEのお財布(ウォレット)にある額面から送金することができるのです。しかも今なら手数料は無料です。

 

シニア世代の方でも、個人間送金が利用できるメリットは大きいと思います。

今日は、その「本人確認」のお手伝いをしました。

 

LINEのお財布(ウォレット)にお金を入れるために、銀行口座を割り付ける以外に、近くのコンビニエンスストアでチャージするという方法があります。

スマートフォンを財布代わりに使うのであれば、例えば3万円をチャージして、そこからお金を支払っていく。

そういう使い方もできるのです。

 

しかし皆さん口々におっしゃるのが「使える場所はどこにあるの?」ということ。

コンビニエンスストアや家電量販店などで確かにLINE Payが使えるようになっています。

スマホ決済ができる店は、決して少ないわけではない。

けれども、決して多いわけでもない。

例えばいつも日用品を買う店、食料品を買う店、生活必需品を買う店、街の商店街のいつものあのお店、いつも行くあの喫茶店、美容院、花屋さん、肉屋さん、魚屋さん、八百屋さん・・・・

もっと個人商店や中小の店舗でも、スマホ決済が使えるようになったら。

 

お客さまは意外と「使える場所」を探しています。

せっかくスマホにお金を入れたなら、自分の必要なものを買う時に使ってみたいのです。

でも意外と周りには、まだ「使ってみたい店」が少ない。

 

 

今回は300億円もの金額が、個人に流れます。

そしてその金額を使える場所を、探している人がいます。

これはチャンスです。

 

個人商店でも、中小店舗でも、ぜひ会計でスマホ決済(LINE Pay払い、PayPay払い)などができるように今から準備しておかれるとよいと思います。

このキャンペーン、LINEの利用者にも恩恵がありますが、実は店舗側にもメリットがあります。

使える場所、使いたい場所を探している、キャンペーンでお金を持っているお客さんがたくさん出てくるのです。

この300億円祭り以降も、さまざまなキャンペーンがスタートすることでしょう。

そんなキャンペーンで動く金額を、ぜひチャンスととらえて、ご自分のお店でも利用していただけるようにしておきましょう。

また、本人確認のお手伝いもして差し上げることができたら、きっとお客さまにも喜ばれます。

 

 

そのための準備にも時間がかかります。

早めに着手するとよいでしょう。

LINE Payなどのスマホ決済が使えるようになったら、配布されるシールを店頭に貼ってお客さまにもお知らせしましょう。

また店内にも貼り紙をしたり、レジのところでもご案内をしたり。

ニューズレターや定期的な郵送物をしておられるなら、スマホ決済が使えるようになったことをお知らせしましょう。

 

まだまだ使える店が「すごく多い」とは言えません。

先にスタートすれば、それだけ認知度も高まります。

教室(パソコムプラザ)でもいち早く、キャッシュレスを導入。

お客さまが教室内で買い物をされる時には、スマホ決済が断然多くなってきました。

お客さまも小銭を用意する必要もない。

受付けでも釣銭を大量に用意する必要もない。

決済にかかる時間も前に比べて非常に短時間で済みます。

利便性もさることながら、実はいち早く「スマホ決済ができる場所」にしたかったのです。

そうすれば、授業で学んでいただいたことを、すぐに実践していただけます。

 

ぜひ皆さまの店舗も、「使える場所」「使ってみたい場所」になってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

スマホ決済のこと、よくわからない。

「キャッシュレス」には興味があるけど、何から始めていいかわからない。

という店舗の方には、キャッシュレス導入無料相談も受付けています。

キャッシュレス導入無料相談、受付中

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼パソコムプラザのホームページ
友だち追加
 
▼増田由紀Twitter
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」