Anker 622 Magnetic Battery (MagGo) 磁石でワイヤレス充電できるモバイルバッテリー

こんにちは。オンラインで学べる大人のためのスマホ&パソコン教室
www.pasocom.net)代表で、スマホ活用アドバイザーの増田由紀(@yukinojo7)です。
和風なものと嵐が大好きです。シニア世代の方々のスマホレッスンをやったり、スマートフォンやLINEの入門書を書いたり(Amazon著者ページはこちら)、仕事で使いたいのにSNS活用が苦手な方のためのお手伝いをしたりしています。
このブログでは、日々感じるスマホの活用法や私なりの工夫、IT技術の話などをメインに、なるべくわかりやすくお伝えしようと思っています。

 

磁石でワイヤレス充電できるモバイルバッテリー

新製品と聞くとつい興味が湧いてしまう・・・

新しいモバイルバッテリーを買いました。買ってしまいました。

 

マグネットでiPhoneにくっつくようになっていて、ケーブルなしで充電ができます。

本体についている蓋のような部分を開くと・・・

 

こんな風に立てておくことができます。スマホをくっつけて立たせて充電もできる、というわけです。5000mAhあるので、もちろん1回分の充電には十分ですから、お出かけメンバーに仲間入りです。

 

iPhoneの背面に磁石でくっつきますから、充電用ケーブルは必要ありません。

 

クリアケースの厚みが心配でしたが

ただ、買おうかどうしようかしばし迷ったのは、このクリアケースの厚みのせい。

割としっかりしているクリアケースを使っているものですから、ここに磁石がちゃんとくっつくのかなというのが心配でした。

私のクリアケースはSPIGEN(スパイゲン)という会社のまあまあしっかりした作りのもの(米軍MIL規格対応)。薄くはありません。

 

iPhone 12シリーズ以降のiPhoneには、「MagSafe」(マグセーフ)という機能が使えます。背面に磁石が埋め込まれていて、それを使ってワイヤレス充電ができるようになっています。

MagSafe対応のワイヤレス充電器を使えば、最大15Wの出力も可能です。

ちなみにMagSafe対応のiPhoneシリーズは次の通り

iPhone 13 Pro Max
iPhone 13 Pro
iPhone 13
iPhone 13 mini(最大12W)
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini(最大12W)

 

口コミなどを見ながら、多分大丈夫かなあ・・・と思い、買ってみたものですが、問題なくくっつきました。よかった・・。

ケーブルがなくても充電できるのは、バッグの中がごちゃごちゃしなくて助かります。

ケーブルで充電するモバイルバッテリーよりは割高ですが、モバイルバッテリーの新製品に弱く買ってしまいました。

 

 

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました