後ろに下がらなくてよい!iPhone11Proの超広角・広角・望遠撮り比べ

こんにちは。人生しくなる、大人のためのスマホ&パソコン教室
オーナー兼スマホ活用アドバイザーの増田由紀です。

iPhone11 Proには超広角がある

2019年9月20日発売の新型iPhoneは3種類。
「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」です。

2つのレンズを持つ「iPhone11」
その高級版で3つのレンズを持つ「iPhone11 Pro」
大きいサイズで3つのレンズを持つ「iPhone11 Pro Max」
・「Pro」とつくのは、素材とディスプレイがいい。
・「Max」とつくのは、大きいサイズ。
・頭の良さはみんな同じ。「A13 Bionic」(エージュウサンバイオニック)という頭脳を持っています。

iPhone11 Pro は「超広角」「広角」「望遠」の3つの写真が同じ場所から撮影できます。「超広角」で写真を撮れるのが「iPhone11」です。
それ以前のiPhoneにはついていません。

超広角・広角・望遠の撮り比べ

▼こちら「超広角」、全体を引いて撮影できます。

▼こちら「広角」。普通に写真を撮ると、1倍で広角で写真が撮れます。

▼こちら「望遠」。遠くのものが撮影できます。

 

もう後ろに下がれないけれど、引いて撮りたい時

例えばです。泊まったホテルの吹き抜けがとっても素敵だったとします。ついついiP写真撮りたくなりますよね。でも普通に撮ったのでは、こんな風にしか撮れません。大きすぎて全体が入らない。てっぺんも切れてしまうし、印象的な白い柱もちょっとしか入らない。

だってこれが「広角」の限界だから。もうこれ以上、後ろにも下がれない。
iPhone縦に構えたらリボンのてっぺんは撮れますが、するとこの天幕のような横の広がりが撮影できない。。。

 

そんな時です。「超広角」にするのは。
iPhoneの「0.5×」と書いてあるところを押します。

するとこんな感じ。先ほどよりもずっと撮影できる範囲が広がります。円柱も下まで入るし、リボンのてっぺんから傘のように広がるリボンの様子がきれいに撮影できました。

   

ちなみに「2×」と書かれているところを押すと望遠になります。

リボンのクローズアップですね。

超広角は、こんな風に全体を引いて撮りたい時によさそうですね。
暗い所でも撮影できるし、全体を引いて撮ることもできるし。
一眼レフをやっている人がこの実物を見て「これはすごい!」とおっしゃってました。その人もiPhone買ったそうですけどね(笑)。

デジタル一眼レフだと、こういうレンズがあります。

スマホ用にもこんな超広角レンズが

 

ところでみなさん毎月スマホにいくら払ってますか?
私はスマホ代、とても安く済んでます!

スマホに毎月いくら払ってる? スマホ代が安くなる3つの質問

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
★スマホのビジネス活用について知りたい
★SNSを仕事に活用したい
★スマホで写真や動画を上手に編集したい
★キャッシュレスについて知りたい
★その他セミナー、講演、執筆依頼など
「こんなことできますか?」という
ご相談・問い合わせはお気軽に。
こちらからお願いします
★  お問い合わせフォーム.

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 
047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107
(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
●パソコムプラザのLINE 友だち追加
●パソコムプラザのホームページ
●パソコムプラザ twitter
●パソコムプラザ Instagra
 
>>私のSNS
★増田由紀 Facebook
★増田由紀 InstagramInstagram(お弁当)
★増田由紀 Twitter
★増田由紀 YouTube
>>著書
★Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」

 

記事のシェアをお願いします!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました