同じブルーレイを持ってるけど、映画にも行く嵐ファンの心理

こんにちは。オンラインで学べる大人のためのスマホ&パソコン教室
www.pasocom.net)代表で、スマホ活用アドバイザーの増田由紀(@yukinojo7)です。
和風なものと嵐が大好きです。シニア世代の方々のスマホレッスンをやったり、スマートフォンやLINEの入門書を書いたり(Amazon著者ページはこちら)、仕事で使いたいのにSNS活用が苦手な方のためのお手伝いをしたりしています。
このブログでは、日々感じるスマホの活用法や私なりの工夫、IT技術の話などをメインに、なるべくわかりやすくお伝えしようと思っています。

 
今日発売の嵐のブルーレイ「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」。
 
 
もちろん私はファンクラブ限定版を買いました
 
嵐の結成記念日に合わせて、全国234の劇場でも上映が決定。
「先生どうする?」と生徒さん。
「ぜひご一緒させてください!!」と私(笑)。
 
近くの映画館でやるのはこの1日だけ、ということで生徒さんがチケットを取ってくれて、生徒さんのお友だちと3人で映画館へ。
もちろんブルーレイGETしましたが、同じライブを映画館でも見るという、ファンにしかわからない謎消費行動(笑)。
「無発声応援上映」といって、映画館で「うちわ、ペンライト、振り付け、手拍子、拍手」などがOKな上映です。
 
 
座席は一番後ろ。私たちより後ろの人はいないので、ペンライトもうちわも、後ろの人を気にせずに振れます(笑)。
映画だからこっち向いてくれてるわけじゃないけど、かつてのライブの時と同じように、最大限手を振る。
(心で)歌って、踊って、汗かいて、しんみりして、魅入って。
気分は上々です\(^o^)/
 
ファンってすごいなって思います。
好きって、何よりも強いなって思います。
何か出たら条件反射的に買う。
映画で見たけどブルーレイも買う。
ジャニーズ嫌いだった私がこうなるとは自分でも信じられませんが(笑)、何がきっかけで人間変わるかわかりませんね。
 
しかしのあの会社の戦略は本当に仕事の参考になります。
そして私の推しはやっぱり不動なのでした。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました