スマホがお財布代わり、お財布の3つの役割(動画あり)

バッグの中のお財布と、スマホのお財布を比べてみると
 
お財布:ATMで入金、現金で支払い、人に手渡し
スマホのお財布:スマホでチャージ、QRで支払い、個人間に送金

こんにちは。大人のためのスマホ&パソコン教室オーナー兼スマホ活用アドバイザーの増田由紀です。

 

お財布ってどんな役割がありますか?

今週・来週と、パソコムプラザではキャッシュレスに関する授業が続きます。 その中で、スマートフォンをお財布代わりにした場合の、お財布の3つの役割についてお話ししています。

お財布ってどんな風な役割がありますか?

そんなこと考えたことありますか?

 

お財布にお金を補充、それが「チャージ」

お財布の役割は、もちろんお支払い。でもお財布にお金がないと支払えないですね。

だからお金を入れるということが必要です。

皆さまお金(現金)はどこで手に入れているかというと、銀行に行ってATMで引き出されるのではないでしょうか。

お給料や年金が手渡し、ということはないですしね。

お財布にお金を入れる。

スマホ決済ではこれを「チャージ」と言います。

チャージ方法は

・コンビニに行ってATM機からスマホにチャージする

・スマホに銀行口座を割り付けておいて、そこからスマホにチャージする

 

 

お財布からお支払い、それが「QR決済」

また、お財布からお金を出してお買い物しますね。

お支払いをしないと商品が手に入りません。

スマホのお財布から、紙幣や硬貨を出すことはできませんが、QRコードがあります。

スマホ決済では、支払いをQRコードを利用してやるので「QR決済」といいます。

 

お金を人に払う、それが「送金」

そしてお財布からお金を出すのは、お店に支払う時ばかりとは限りません。

人に渡す、っていうことありますね。

立替てもらった分をお返しするとか。

割り勘にする時とか。

仕送りをする、お小遣いを上げる、など。

これをスマホ決済では「(個人間)送金」といいます。

 

キャッシュレスでお財布の3つの役割

 

 

・お金を入れる

・お金を払う

・人に払う

 

そう考えてみると、バッグの中に入っているお財布も、スマートフォンのお財布も、やっていることは同じなのです。

やり方が、紙と金属を使うか、それともデジタルを利用するか、の違い。

キャッシュレスは、とんでもなく自分とかけ離れた未来、というわけではないのです。

 

釣銭も小銭もいらないお支払い

お店の方は、キャッシュレスを導入すると、現金のやり取りをしなくてすむようになります。

釣銭を用意しなくてもよくなる。

お客さんが端数までピッタリ払うことができるからです。

お客さんの方も、小銭を準備しなくてよくなる。

レジにかかる時間を短縮することもできます。

その分、商品の説明などに充てることもできますし、お客さまとのおしゃべりに充ててもいいですよね(笑)。

キャッシュレスのこと、ちょっと聞いてみたいなという店舗向けには、無料の相談会(要予約)もやっています。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

キャッシュレス導入無料相談、受付中

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
●パソコムプラザのLINE 友だち追加
●パソコムプラザのホームページ
●パソコムプラザ twitter
●パソコムプラザ Instagra
 
▼私のSNS
★増田由紀 Facebook
★増田由紀 InstagramInstagram(お弁当)
★増田由紀 Twitter
★増田由紀 YouTube

▼私の書いた本(Amazon著者ページ)
★Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」

 

 

記事のシェアをお願いします!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました