LINE Payで明細代わりに写真を使う方法

私の教室、パソコムプラザ新浦安では、物販に関してはLINE Payが使えるようになっています。

物販でPayPayが使えるようになりました(2019/3/14)

 

店舗でのお支払いに利用できるだけでなく、個人間送金もできます。

送金するには本人確認をする必要があり、私は銀行口座を割り付けて本人確認としてあります。

 

例えば我が家では、夫にお金を払うという場合。

LINE Payを使うようになってから、夫婦間ではもう現金のやり取りは、あまりしていませんね。

小銭も出さないし、お釣りももらわない。

 

LINE Payの【ウォレット】にある[送金]というメニューを使います。

 

ウォレット=お財布ですから、誰でも勝手に使えるのは困りますね。

そこで私のiPhoneでは、Face ID(顔認証)でないと使えないようになっています。

 

誰に送るか、というところで友だち一覧の中から送る相手を選びます。

 

 

次に送金額を決めます。

+100を押してもいいし、キーボードから金額を入れることもできます。

 

 

金額を確認したら【次へ】を押します。

 

 

送金する時に、メッセージを書いたりできます。

夫婦間ですし、目の前にいるので特にメッセージを書いたりはしていません。

イラストのテンプレートが用意されていますから、そこからテンプレートを選ぶことができます。

でも、何かを食べてそのお金を払おうと思った場合、私は【写真】を使っています。

「何の代金を払ったんだっけ?」と後からわかるように、その時食べたものの写真と一緒に送金することができます。

 

 

【写真】を押します。

 

写真を選びます。この日は塩野菜タンメンを食べてたのでした。

 

写真を選んだら、特にメッセージは書きません。

この写真とともに送金することで、何の代金だったかわかるからです。

 

 

送金するのに、もう一度本人確認のためパスワードなどを入力する画面が表示されます。

私は、顔を登録してあるのでFace IDを使います。

 

 

送金は短時間で完了します。

お財布を取り出すことも、小銭を数えることもありません。

お財布を取りださなくて、スマホだけでお金を送ることができます。

目の前にいる相手でも、遠く離れた相手でも、LINEのお友だちであれば送金できます。

お金を受け取る人は、銀行口座などを割り付けておく必要はありません。

送金する人は、所定の手続きを終えて本人確認しておく必要があります。

 

 

送金が完了すると、こうして写真とともに送金履歴が残ります。

これで何に支払ったかわかるようになっています。

写真を使えると、一目で分かるので便利ですね。

LINE Payをお使いの方はぜひお試しください。

 

 

 

 

4月12日はこちらをやります。動画編集もスマホでできる、仕事に役立つ使い方の一つです。

仕事に役立つ!SNSで使える!iPhone動画編集1日レッスン【4月12日】

仕事に役立つ!SNSで使える!iPhone動画編集1日レッスン【4月12日】

 

●●●スマホを楽しむクラスがあります!●●●
できることいっぱいのスマートフォンを、手探りで使うなんてもったいない!
普段の楽しみ方から、いざという時、災害時での使い方までご紹介します。
パソコムプラザのスマホクラス >>詳しくはこちら


浦安市ランキング

スマホ・携帯
ランキング

シニアライフ
ランキング

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」