防災に役立つアプリと災害用伝言ダイヤルの練習

今週は新宿でも授業がありました。

iPhoneクラスです。

iPhoneクラスでも「防災に役立つアプリと災害用伝言ダイヤル」のタイトルで、防災関係のお話をしました。

 

最近よく耳にするJアラートのお話も。

防災用アプリは

Yahoo!防災速報を使ってみよう(2017/8/30の記事)

をご紹介しました。

通知を受ける場所を、【現在地】のほか3カ所選ぶことができます。

私は、【現在地】と【勤務地】と【親戚の多い場所】と【子供の学校のある場所】にしています。

細かく地区が指定できるので便利ですね。

 

「先生、何もないんですが」と生徒さん。

 

「何もなくて、今日はいい日ってことですよ」

 

で、皆さんで大笑いしてしまいました。

そう、何もないのがいい一日です。

 

 

次に災害用伝言ダイヤルの練習もしました。

ちょうど授業のあった日が、体験日期間内でした。

忘れて171(いない)? 災害用伝言ダイヤルの使い方(2017/9/1の記事)

 

最初にご説明をしてからやるのですが、やっぱり途中で「あれ??」ということになり、最初からもう一度という方も多かったです。

これが体験してみることの大切さで、一度でも経験があれば「ああ、そういえば。」と思い出せるかもしれません。

でも初めてやる場合には、「これであっているのか、それとも間違いなのか」が分かりません。

ましてやこれを使う時は、災害時。

いつもなら普通にできることが、慌ててしまってできないことだってあるのです。

 

私の従姉妹は、近所の川が氾濫して膝まで使って避難所に逃げた時に、リュックを背負ってきたそうです。

でもそのリュックに入っていたものが、座布団?だったんだそうです。

自分でも、なんでこんなものを持ってきたのかわからない、と後で笑っていましたが

その時は必至だったと。

そういうものですよね。

 

だから「171」をかけて「1」をかける、という単純そうな操作ができないかもしれない。

電話をかけること自体を、「どこからやるんだっけ?」と忘れてしまうかもしれない。

自宅の電話番号が局番から思い出せないかもしれない。

 

非常時とはそういうものです。

だから訓練があるのですよね。

 

「探す側」「心配する側」は、本当に何度も何度も何度も、連絡を取ろうとして、たくさんの時間を費やします。

連絡が取れない時間が長くなるほど、不安が募ります。悪い方向へ考えてしまいます。

 

「探してもらう側」「心配される側」に、ちょっとした知識があれば、

例えば伝言を残すことで、その膨大な時間を減らしてあげられるかもしれない。

不安を解消してあげられるかもしれない。

そうしたら「探す側」「心配する側」は、別のことに時間が割けます。安心して帰りを待つことができます。

 

これも一つの思いやりだと思うのです。

 

「171」の練習日は、各月の1日・15日です。

チャンスはいつでもあります。

ぜひ一度は体験してみてくださいね。

 

忘れて171(いない)? 災害用伝言ダイヤルの使い方(2017/9/1の記事)

 

 

教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://masudayuki.com です
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
初心者・シニアのためのスマホ・iPad・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページは こちらをクリック
▼授業の動画などはYouTubeで こちらをクリック
▼日々のつぶやきはTwitterで こちらをクリック
▼趣味のスマホ写真はInstagramで こちらをクリック
▼つながりや交流が見えるFacebookは こちらをクリック
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone 7、7 Plus」本のご注文(Amazon)はこちら
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone7、7 Plus」著者からひと言はこちら

お気軽にお問い合わせください。047-305-6200受付時間 9:30-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

教室ホームページはこちら