画面ショットとは、スマホの画面に映っているものを撮影すること

こんにちは。人生しくなる、大人のためのスマホ&パソコン教室
オーナー兼スマホ活用アドバイザーの増田由紀です。

ただいまスマホ祭り期間中。
9/16(月)・17(火)には、JR新浦安駅の駅前にテントを出店して「スマホ茶屋」をやりますが、今日はあいにく雨が降ってしまったので駅前のテント出店は中止となりました。

雨の日は雨の日で、それなりに過ごしかたもあります。
こちら、生徒さんが別荘で取れた見事なススキを届けてくださいました。
お部屋が一度に秋の雰囲気になりますね。

教室の中も外も、だんだん秋になっていく。

さて、皆さまが帰ったあと、もう来客もない。
そうして静かになった教室で、LINEの解説本のための画面ショット撮りを夫に協力してもらいました。

画面ショットというのは、「今スマホの画面に映っているものを、そのまま撮影する」ということ。
だからといって、スマホを机の上に置いて、カメラで撮影するわけではないのです。
スマホのボタンの組み合わせで、カシャっと撮影することができます。

▼ホームボタンのないiPhoneの場合
右側にあるサイドボタンと左側にある音量上げるボタンを同時に押します。
▼ホームボタンのあるiPhoneの場合
丸いホームボタンとスリープ(電源)ボタンを同時に押します。

 

夫に協力してもらったのは、ビデオ通話の画面。
ビデオ通話で話してますよー、という場面の画面ショットが欲しいのです。

 

相手あってのビデオ通話だから、一人じゃそういう画面が撮れないのです。

 

でも、なぜ?
なぜか笑いが止まらない夫です。
不真面目な様子を、ビデオで撮影してやりましたよ(笑)。
動画はセリフが入ると伝わって楽しでしょ(笑)。

画面ショット撮影中の一コマ

動画編集はスマホで撮影し、そのままスマホで編集、そしてスマホでアップロード。
昔を考えたら、これ1台で済むので本当に重宝しています。

年内にまたスマホ動画編集講座をやろうかな。
仕事にも絶対に役に立ちます。

ところでみなさん毎月スマホにいくら払ってますか?
私はスマホ代、とても安く済んでます!

スマホに毎月いくら払ってる? スマホ代が安くなる3つの質問

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
★スマホのビジネス活用について知りたい
★SNSを仕事に活用したい
★スマホで写真や動画を上手に編集したい
★キャッシュレスについて知りたい
★その他セミナー、講演、執筆依頼など
「こんなことできますか?」という
ご相談・問い合わせはお気軽に。
こちらからお願いします
★  お問い合わせフォーム.

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 
047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107
(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
●パソコムプラザのLINE 友だち追加
●パソコムプラザのホームページ
●パソコムプラザ twitter
●パソコムプラザ Instagra
 
>>私のSNS
★増田由紀 Facebook
★増田由紀 InstagramInstagram(お弁当)
★増田由紀 Twitter
★増田由紀 YouTube
>>著書
★Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」

 

記事のシェアをお願いします!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました