嫌な経験も、その後につながっているなら儲けもの

こんにちは。大人のためのスマホ&パソコン教室オーナー兼スマホ活用アドバイザーの増田由紀です。

 

知り合いの先生からのSOSメッセージ

先週末、知り合いの先生からのSOSメッセージ。

講座で使う予定のスマホの台数が足りなくなって、スマホを貸していただけないか。ということでした。

なんでも、ガラケーからスマホにする方たちを対象に、初めてのスマホ、怖くないしこんな風に使うんですよ、というご紹介の講座だそうです。

予定数を上回るご参加があったわけですから、何よりです。

それに、これからスマホデビューする方対象です。

これはご協力しないわけにはいきません。

 

ということで、スマホをお貸し出しすることになりました。

 

 

スマホはすぐ使えるよう整えてから

前日までにフル充電して、キーボードもそろえて。

中の写真も、授業で使ったものは削除しておいて。

できるだけ揃えて、きれいに拭いて。

そして再起動もして。

パッキングして。

講座で「あ!」ということがないようにするには、端末の準備は大切です。

その時間が、講座の流れに水を差したりすることがあるのです。

ですからお渡しする時も、すぐに授業に入っていただけるように、できる限りの準備をします。

 

こちら、津田沼にあるサンズパソコン教室の小泉先生です。

サンズパソコン教室のホームページはこちら

お役に立てて何よりです。

誰にでも貸すわけではなく、日ごろのお付き合いがあるからこそですけどね。

 

 

タブレットにまつわる苦い経験

iPadもスマートフォンも、授業で使うものを揃えるようになったのには理由があります。

一つは、苦い経験から。

あれはタブレットが出始めて、間もないころ。

これは生徒さんにも使っていただきたいな、と思ったのですが、授業で使う用に購入するという考えがその頃はありませんでした。

試しに使ってみるだけ、体験したい、という考えだったので、次いつ使うかわからないものに投資ができない。

それに買うとなったら複数台用意しないといけません。少なくとも2クラス同時に使えるようにするには2~3台というわけにはいかないのです。

 

折よく、とある会社のタブレット体験会に参加することになりました。

初めてに近いタブレットは、とても興味深い商品で、これはぜひ生徒さんにも体験していただきたいな、と思いました。

展示会にも足を運んだりして、その営業マンの方と親しくなることができました。

授業で使ってみたい、生徒さんにもぜひ体験してもらいたい。

ついては、体験会の時のように、うちの教室でも利用させてもらえないだろうか。

とお願いした所、快くOKをいただきました。

御社的には大丈夫ですか?と尋ねたところ、自分に割と決定権があるので、大丈夫です。お任せください。

とのことでした。

 

ああよかった!

ということで、先生方にも生徒さんにも予告をし、スケジュールにも入れて何月何日~何日までは「タブレットを触ってみよう!」という授業をすることになりました。

その日程も、希望台数とともに先方に伝えてありましたし、OKももらっていました。

 

 

人をあてにするとこんなこともある・・・

授業が近づいてくるので、念のため確認の問い合わせをしたところ

「実はそれが・・・」とおっしゃるのです。

「上の者が難色を示していて・・・」というようなニュアンスでした。

 

え~~~~~~~。

どういうこと~~~~。

だって、大丈夫だって。。。

日程もOKだって。。。

台数もOKだって。。。。

と、私なりに粘ってみたのですが、だいたいこういう時はうまくいかないのです。

だって、ダメと分かっていて

目の前の彼にもどうにもできなくて。

私だけが何だかわがまま言ってるみたいな気分になっちゃって。

それに、そういう時の交渉術もありません、私。

 

目の前には困り顔の彼。

君じゃん、いいって言ったの。

お任せくださいって言ったの。。。

でも、この人にはもうどうしようもないんだよね。

そう思ったら、・・・もういいや。って。

これ以上、頼んでも無理だなって。

 

そして思ったのです。

人をあてにしちゃだめだなって。

もしこの時、誰かにお願いして、貸していただける人がいたらよかったのです。

きっと私、すごく助かったと思う。

助かった~って大きな声で言ったと思う(笑)。

でもその当時、パソコン教室のお仲間にも、そんな複数台のタブレットを持っているところはなかった。

 

スケジュール変更? いえしません。

あああ。

もうスケジュールもみんなに発表しているのに、今更取り消しなんてできない。

しかも、皆さん楽しみにしてくださっているのに。

「お一人1台ずつ触れます」って、大宣伝しちゃったのにさ(笑)。

営業マンの彼に全面的に頼っていた自分の甘さに、本当にがっかりしたのです。

もっと話ちゃんと詰めればよかったのかなあ。。。

あ~あ、商売道具は自分で揃えなきゃだめだって。思いました。

 

 

もうヤダ(笑)。商売道具は自分で揃えよう

そこからですね。

交渉も折衝も苦手なんですよね、私。

自分で持ってたら、交渉しなくて済む。

それにどうせなら、iPadにしよう。

これはすごく面白いし。自分でも持っていましたし。

 

反省の意味も自戒の意味も込めて、営業マンの彼の会社の製品は「二度と買わない」と心に誓いました(笑)。

その当時のトップブランドでしたけどね。絶対買わない。って。思ったね、私(笑)

それ以来、買ってないね、その会社の製品。

ええ、結構根に持つタイプです(笑)。

 

 

投資だったが、買ったら活かそう

iPadを10台以上買うのって、すごい投資だったんですよ、その当時も。

思いきりました。社長の私(笑)。

「本当に使うの、出番あるの?」と彼。

彼、財務担当ですからね。心配しますよね、そりゃあ。

 

私、

「買ったら出番をどんどん作るの。絶対使うから。出番ある。作る。(キッパリ)」

 

もちろん、その後iPadがものすごい流行るなんて、そんな確証どこにもありませんでしたよ。

でもきっと作る。

だって、あれ借りられなかったんだも~~~~~~ん。

くやしーーーーー(笑)。

 

 

借りられなくてよかったと思う

でもね、今となっては借りられなくてよかったと思っています。

だってあの時、貸してくれていたら、たぶんiPadを十数台揃えるなんて決断してない。

 

そしてiPadを順番待ちせずに授業でどんどん使えることで、生徒さんもiPadを楽しむことができたと思います。

それが、その後のスマートフォンにつながったと思います。

そして自分たちのノウハウも確実についた。

あの時借りられたら。

無料で2週間貸してくれるということでしたから、経費的にもすごくラッキーだった。

だから、その後、自分で投資して揃えるという選択肢は、なかったと思う。

 

多分私、あの時相当意地になってたんだと思います(笑)。

タブレット体験講座はやめにしない。

人からも借りない。

会社からも借りない。

自社で何とてみせる!ってね(笑)。若いね~。

 

嫌な経験も、その後につながっているなら儲けもの

そんなわけで、教室にはタブレットやスマホが多くあるわけです。

生徒さんも、十分教室のでお楽しみいただいて、これは自分のが欲しいな、と思った時点でご自分の好きなものをご購入。という流れができました。

そしてストックしてあるからこそ、今回のような緊急SOSにもご対応できたというわけです。

商売道具には投資しよう。

先に投資、後から回収。

仕事で使うもので、「これは行ける」と思ったものには積極的に投資してみよう。

それが私が学んだこと。

かつての嫌な体験も、その後につながっているからいいとしますかね(笑)。

 

 

 

 


日本橋三越カルチャー講座でスマホの写真撮り方講座をします。

メイク道具やアクセサリー、小物などの撮り方、レストランでの撮り方、自撮りの上手な撮り方など、ご紹介しています。

6月28日(金)の18:30~20:00

日本橋三越にてスマホ写真講座開催

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
●パソコムプラザのLINE 友だち追加
●パソコムプラザのホームページ
●パソコムプラザ twitter
●パソコムプラザ Instagra
 
▼私のSNS
★増田由紀 Facebook
★増田由紀 InstagramInstagram(お弁当)
★増田由紀 Twitter
★増田由紀 YouTube

▼私の書いた本(Amazon著者ページ)
★Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」