iPhoneの画面がものすごく拡大してしまった時の直し方 | スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」

iPhoneの画面がものすごく拡大してしまった時の直し方

iPhoneの画面が急に、ものすごく拡大されてしまった。

指2本でつまんでも小さくならない! どうしよう!

そんな時の直し方です。

 

通常の大きさで、【設定】画面を見た時です。

 

 

これが、いつの間にこんなに拡大! 指でつまんでも元の大きさに直すことができません。困った!

こんな時は、【3本の指】で画面をトントンと軽く押しましょう。【3本】同時にトントンです。

 

 

すると、次のような画面になります。このつまみが右側の【+】の方に動いているはずです。

一番左、【―】の方に動か洗馬、元の大きさに戻ります。

iPhoneで、画面を指3本でトントンと押すと、拡大表示になるのです。

自分でやったつもりがない場合でも、何かのはずみでそうなることがあるようです。

 

 

大きくなった画面は、指3本でないと操作できません。指3本を同時に画面につけて動かすと、画面を移動させることができます。

拡大のメニューを表示させるのも、非表示にするのも、指3本の操作で行います。

「大きな画面になってびっくりした!」という方は、ぜひこれで元の画面の大きさに戻してくださいね。

 

 

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

増田由紀