水平・垂直を活かして桜を撮影してみました

桜もそろそろ見ごろを終えそうな今日この頃。

スマホで桜を撮影している人も多いのではないでしょうか。

桜は見上げる位置から撮影することが多いと思います。

ちょうど、JR京葉線・新浦安駅のロータリーの桜も満開。

それを2階から見下ろせる場所があります。

 

そこから撮影した写真がこちら。

斜め上から桜の木全体を撮ることができました。

 

駅前のイオンの2階の外通路はちょうど駅ロータリーに面しています。

ここで撮影したら、上から撮れるんじゃないかな? と思ったわけです。

そこでちょっと寄り道して、2階の通路に出てみました。

 

 

スマートフォンには水平・垂直の目安になるように、分割線を表示させることができます。

iPhoneの場合は、【設定】-【カメラ】-【グリッド】をオン(緑の状態)にします。

 

 

スマホをただ構えただけだと、癖もあるのかもしれませんが微妙にどちらかに傾いてしまう、ということはありませんか?

そんな時は、この分割線を目安にしてみると水平・垂直が保てます。

ビルなどの建築物があれば、その水平、垂直を利用することもできます。

 

それからシャッターを押す時などにスマホが傾いてしまうこともあります。

もし手すりや柵、柱などスマホを支えることができるスペースがあるなら、そこにスマホをくっつけて、しっかり固定します。

 

撮影したいもの(この時は桜の木)のちょうど正面に立ち、水平垂直を確かめながら構図を決めます。

スマホは前後に傾けることもできます。

ほんの数ミリ前に傾ける、後ろに傾けるだけで、撮影できるエリアが変わってきます。

何をどの程度入れればいいのか、ちょっとずつスマホを傾けながら、自分にとって「ここだ」という場所を探してみましょう。

 

そうやって撮影した写真をTwitterに載せたところ、「ドローンで撮ったの?」とお尋ねがありました(笑)。

上の方から撮ったように見えますけれど、ドローンではなくて2階からだったんです。

 

 

そんな撮影の様子を動画にしてみました。

 

 

  ↑  ↑  ↑

こんな動画も、簡単に作ることができます。

4月12日はこちらをやります。動画編集もスマホでできる、仕事に役立つ使い方の一つです。

仕事に役立つ!SNSで使える!iPhone動画編集1日レッスン【4月12日】

仕事に役立つ!SNSで使える!iPhone動画編集1日レッスン【4月12日】

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼パソコムプラザのホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」
 
▼教室LINE@はこちらをクリック
友だち追加