新元号は令和 教室で祝杯を上げました

今日からパソコムプラザは新学期を迎えます。

 

 

今日は4月1日。いつもならエイプリルフールのネタで盛り上がるところですが、

この日のメインイベントが11:30から。菅官房長官が新元号を発表するということで、授業の休憩を後半に持ってきて、ネット中継を皆さんと一緒に見ています。

 

新しい元号は「令和」となります!

聞いた瞬間、涼やかな名前だなと思いました。

「和」が入っているところが和みます。

従来は中国の文献から引用されていた年号ですが、この度初めて万葉集からの引用だそうです。

万葉集、古(いにしえ)の歌から元号を取るなんて、素敵。

万葉集を身近に感じます。

今や、世界で元号を使うのは日本だけということです。

西暦と和暦を、必要に応じて使い分けるしなやかさを持つ私たち、ってことですね!

 

 

『令和』は万葉集の梅花の歌、三十二首の序文にある

『初春の令月(れいげつ)にして、気淑く(きよ)風和らぎ、

梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披き(ひらき)、

蘭(らん)は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす』

から引用

古の歌から元号を取る、この風流さ。好きだなあ。

 

 

せっかくですから皆さんで一緒に、新しい元号の発表をお祝いしたいな。

何かできることないかな。

そう思って、シャンパン(に見えるシュワシュワのジュース)とシャンパングラス(アウトドア用のプラスチック製)を用意しました。

 

一見お酒のように見えるでしょ?

でも100%果汁のジュースです。リンゴ、ブドウ(赤、白)があります。

 

こちらはAmazonで購入した、プラスチック製のシャンパングラス。

軽いので持つと拍子抜けしてしまうくらいです。

でも割ったりしないので、気兼ねなく使えます。パーティーにはいいですね!

 

 

シュワシュワーっと泡がはじけて、ちょっと華やかな気分になるでしょ。

 

 

この日この時、居合わせた皆さまとともに新元号をお祝いできることに感謝です。

 

 

文字を入れ替えるだけにしてパソコンで作っておいた元号の額。

菅官房長官のように掲げてみますよ(笑)。

「令和」の額を持って、クラスで記念撮影。

元号の発表をお祝いしたこと、私も記念に残ります。

 

午後のクラスでも、シャンパングラス片手に、令和の額を掲げて写真撮影!

 

こちらのクラスも、みなさんで乾杯~!

 

安倍首相の談話によると、新元号「令和」については

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ意味が込められている」とのこと。

心を寄せ合う。

文化が生まれる。

形のないもの、目に見えないものを大事にしたり、育んでいったりする

そんな心豊かに過ごせる平和な時代になりますように。

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼パソコムプラザのホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」
 
▼教室LINE@はこちらをクリック
友だち追加