検索しても出てこなければ「いない」のと同じこと | スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」

検索しても出てこなければ「いない」のと同じこと

今日は埼玉県本庄市にて、SEO更新管理の講座を受講しました。

DIK教室の「SEO更新管理」講座です。

私の教室も加盟するパソコープの勉強会で、SEO対策について講座をしてくださった、株式会社DIK金子 弘行 社長より講義を受けました。

「マーケティングとは?」→自ずと売れる仕組み、販売活動を不要にすること。(ドラッカー)

「戦略とは?」→戦いを略す、戦わずして勝つこと。(孫子)

「競争戦略とは?」→コストリーダーシップ戦略、差別化戦略、集中戦略(マイケルポーター)

というお話から始まりました。

 

常に誰かと競り合い、誰かを蹴落とし、倒し・・・なんてしたくないです。大変そうだもん。

そういうことではなく、仕事を充実させ、成果を出していくことが大事ですし、そうありたいと思います。

 

教室からの情報発信も、Facebook、ホームページ、ブログ、Twitter、インスタグラム、YouTubeとさまざまな媒体を使ってお届けしていますし、スタッフそれぞれが投稿もできます。

みんなで盛り上げていく、という感じですね。

 

 

引き続きワードプレスの編集についてです。

ワードプレスは、ホームページやブログを編集・投稿・管理する仕組みです。

教室のホームページも、今まではソフトを買って、それをパソコンにインストールして、そのパソコンで編集したり管理したりしていました。

でもそれも昔の話。

今は、パソコンの中にソフトをインストールして使うのではなく、インターネット上にあるサービスを利用するという作り方をしています。

IDとパスワードを使ってあるページにログインし、その中で記事を書いたり、画像をアップロードしてそれを挿入したり、書きためた記事の管理・分類・編集をしています。

こうした仕組みを「CMS」と言います。

CMSとは、「Contents Management System」の略。

日本語に訳すと「コンテンツ管理システム」です。

「コンテンツ」とはこの場合、書いた記事や画像、素材などのこと。

それらの記事や画像、素材などを管理している仕組みがCMSです。

この仕組みを使うと、文書作成ソフトで文書を書く感覚で、1つのホームページの記事を作ることができます。

文字を書く、イラストを入れる、写真を入れる、動画を入れる。

文字を大きくする、色を付ける、写真のサイズを変える・・・などなど。

また書いた記事同士を関連付けたり、まとめたり、管理したりすることができます。

特別なホームページの知識がなくても、記事を更新することが可能です。

ワードプレスは、自分たちでホームページを更新するにはとても良い道具です。

 

講座の中では、ホームページの記事はタイトルが大事、と言われていました。

タイトルを書くのにもセンスが必要です。その内容を的確に言い表す、興味を持ってもらえそうなタイトル作り。

頭を使います。

 

記事を書くことは、毎日お客様に日記やお手紙を書いている感覚かな。

誰かに届けるために書いているお手紙。メモ。ラブレター。日記。そんな感覚ですね。

 

皆さん、何かを買いたい、探したい、知りたい、という時にインターネットを利用しますよね。

私もそうです。ネットで調べます。

その時に「探しても出てこない」ということは、ネットの世界では「いない」と同じことなのです。

探してもらいたいから、情報発信を続けています。

だって、「いない」人は、探しようもないでしょ。そうして忘れられちゃうのです。

みんなに知ってもらいたいことがあったら、やっぱり時間はかかっても伝えなくちゃね。

 

そう思って、教室の先生方と一緒に、教室の様子、私たちのやっていること、生徒さんのこと、日常のことなど、お伝えするようにしています。

ぜひ、いろいろなサービスで提供される、教室発の情報、ご覧になってみてくださいね。

 

教室のことはぜひここから「知って」ください!

 

 

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone7、7 Plus」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

増田由紀