デジタル一眼レフでお菓子撮影の講座

今日はおやつが目の前に。でも食べるためではないのです。

まずはこれを飾り付けよう、というところから。

お菓子教室? いえそうではありません。

先生から飾りつけのレクチャー。

こんなにデコレーショングッズがありますよ。飾りつけグッズはカラフルなものから、小さなもの、大き目なものまで。

きれいに飾り付け終わったお菓子たち。

おやつで食べるんじゃないですよ。

今日はデジタル一眼レフの講座に参加しています。テーブルフォトを学びます。

ISOとかAFポイントとか、普段あまり意識しないような用語が並びます。

私のデジタル一眼レフが一番古かった(笑)。

ピクチャースタイルっていうのも、実は初めて見た・・・。こんなメニューあったんだ。

デジタル一眼レフで、テーブルの上のお菓子を撮影しました。

お菓子の色がお菓子の色らしく出る、というのがよくまだ表現できないのです。

明るすぎるのか、暗すぎるのか、何枚も撮っていると分からなくなってきますね。

目で見た色も上から、横から、斜めからだと違って見えるし、レフ版を当てたらまた色が変わるし。

ファインダー越しに見た色と目の前の色もちょっと違うのかな。

何枚も撮ってくださいね、と先生。

中腰で、一歩前に出て、ちょっと引いて、少し斜めから、お皿を回して・・・

真上からも撮りましょう、ということで椅子の上に立ってお菓子の真上から。

自分の影が写っちゃうー。

自分でラッピングしたお菓子なので、愛着も湧きますね。食べるというより、とにかく撮る。撮る。

先生のアドバイスを聞きながら、ああでもない、こうでもないとシャッターを切っていくうちに、今何を撮ろうとしていたのかわからなくなってしまう瞬間がありました。

いつも何かを考えながらというよりも、気分の赴くままに撮っていますからねー。

じーっと考えてピンと来たところでシャッター押していましたから、この構図はこうとか、この色を狙おうとか、こんな風に撮ろうとか、そう深く考えず撮っていました。

先生にアドバイスをもらって、よーく考えて、悩みながらシャッターを押していました。

デジタル一眼レフを趣味にしていらっしゃる先生も私の周りにはたくさんいるのですが、みなさんこんな風に、うんうん考えながら、この一瞬を切り取るのを楽しんでいらっしゃるんだなあ、と思いました。

新しい世界を垣間見た1日でした。

 

2016年12月までの教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://blog.goo.ne.jp/pasocom777 ですが
★★★2017年1月より、教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://masudayuki.com/ となります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ミセス・シニアのためのスマホ・iPad・パソコン教室
 パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
 千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ  www.pasocom.net/
▼教室の動画チャンネルはこちらをクリック
▼iPad関連講座はこちらをクリック
▼パソコムプラザ 新浦安のFacebookはこちらをクリック
▼パソコムプラザ 新宿サロンのFacebookはこちらをクリック
▼増田由紀のFacebookはこちらをクリック
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★日経BP社より、「いちばんやさしい60代からのiPhone」発売中 ★著者より(動画約1分)
★日経BP社より、「いちばんやさしい60代からのLINE」発売中 ★著者より(動画約1分)

▼日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone 7、7 Plus」本のご注文(Amazon) https://goo.gl/GrUA3I

お気軽にお問い合わせください。047-305-6200受付時間 9:30-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

教室ホームページはこちら