写真や動画、連絡先、アプリ。なくなっても困りませんか?

こんにちは。スマホ活用アドバイザーの増田由紀です。

 

今日はスマホ・タブレットマスター認定講座の2回目がありました。

スマホ・タブレットマスター認定講座スタート、もやもやを解消したい!(2019/5/16)

 

この講座では、テキストを使いながらスマホでできることを確認していきます。

そしてあやふやだった個所をはっきりさせたり、疑問を解消したりしていきます。

また、人から聞かれたら教えられるくらいにはなれるように、「なぜそうなるのか」「こんな時はどうしたらいいのか」など、根幹の部分もご紹介していきます。

 

2回目の今日は、前回のクラウドのおさらいから。

そして皆さまの「データのバックアップ」が万全かどうか。

皆さん、1回目と2回目の授業の間に、各自でご自身のバックアップ状況について調べてきていただきました。

バックアップとは、なくなると困るものをどこかへ「保存」しておくことを言います。

 

 

スマートフォン、買い替えの場合にも。

また故障や不具合などの場合にも。

データのバックアップさえとってあれば、安心ができます。

 

スマートフォンからなくなって困るデータ。

皆さまなら何ですか?

 

私なら

1)写真や動画

2)連絡先

3)アプリ

です。

 

1)写真や動画

同じものは二度と撮影できません。

失ってしまったものは二度と取り返すことができない。

こういうものは、バックアップが必要です。

 

2)連絡先

また同じように用意するのに手間がかかります。

名刺、またメールの履歴、電話の履歴を見ながら、拾い上げていくことはできるでしょう。

でも、大変手間がかかります。

復元するのに手間がかかるもの。

こういうものも、バックアップが必要です。

 

3)アプリ

仕事柄、たくさんのアプリを試します。

その中から厳選したものを授業でご紹介します。

アプリはなくなっては困るものです。

でも、アプリを追加した「記録」はちゃんと残ります。

だから、自分でメモを取ったり、リストにしたり、画面ショット(スマホの画面を写真に撮ること)を用意しておかなくても大丈夫。

あとで「これとこれとこれ」と、復活させることができみます。

 

 

1)写真や動画

に関しては、Googleフォトというアプリを使って、バックアップをしています。

 

2)連絡先

に関しては、Google連絡先というメニューを使って、バックアップをしています。

これは人によってはiCloudというメニューで、バックアップをお勧めする場合もあります。

 

3)アプリ

に関しては、iPhoneならAppStore、AndroidならPlayストアというアプリに、自分の今まで追加したアプリの記録が残るので、特に自分が何かをしておく必要はありません。

 

スマホ・タブレットマスター認定講座にご参加の方には、このバックアップの意味をしっかりと身につけていただこうと思っています。

そしてどのバックアップをするにしても大事なのが「アカウント」です。

 

意外と多くの方が、「なくなって困るもの」に対しての意識がないままに、スマホをお使いです。

バックアップのことも。

アカウントのことも。

普段から意識している方は少ないでしょう。

アカウント、それなんですか? という方も多いでしょう。

 

大事なデータがなくなっても困らないなら、別にいいのですが、皆さんなくなると困るのです。

困って教室にお問い合わせいただくことも、多々あります。

その時初めて「バックアップ」の大事さに直面する。

そんな場面も、数多く見てまいりました。

 

さて、皆さまの

1)写真

2)連絡先

3)アプリ

今、なくなっても困ることはありませんか?

バックアップがどうなっているのか、ぜひ一度、「意識を向けて」みてください。

それから自分の「アカウント」と言われたら、何がそれにあたるのか。

ぜひ「意識を向けて」みてください。

 

 

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼パソコムプラザのホームページ
友だち追加
 
▼増田由紀Twitter
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」