LINEへの位置情報の提供、あとからオフにもできます。 | スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」

LINEへの位置情報の提供、あとからオフにもできます。

このところ続いた生徒さんからのご質問。

「この画面、どうすればいいですか? OK押さないとLINEが見られないし。。。押しても大丈夫?」

というものです。

もしかすると、この画面出てきたけれど何も考えないで【OK】押しちゃった、という方もいらっしゃるかもしれません。

「特に気にも留めずに、なんとなく押しちゃった」というのが、多いかもしれませんね。だってLINEの画面見えないんですからね。

 

これは、「サービス向上のために位置情報を提供してほしい」というLINEからのお願いなのです。

下をよく見てみると、チェックマークが2つついています。

1つは「上記の位置情報の利用に同意する(任意)」

もう1つは「LINE Beaconの利用に同意する(任意)」

どちらもLINEがユーザーの位置情報を利用することに関するものであり、どちらも任意です。

 

このチェック、実は押すと外れます。

任意ですから、位置情報の提供は控えたい、という場合にはこうしてチェックを外した後で【OK】を押すころができます。

LINEからのお願いは、次のようなものです。

位置情報の提供が、自分にとって「便利そうだ」と思う方は、そのままチェックを入れて【OK】を押せばよいですし、位置情報は提供したくない、と思えばチェックを外して【OK】を押せばよいのです。

 

 

 

えー、何も考えずに押しちゃった、という方は次の設定を見てみてください。

【友だち】にある歯車の【設定】を押します。

 

【プライバシー管理】を押します。

 

プライバシー管理の画面の下の方にある【情報の提供】を押します。

 

ここに【位置情報の取得を許可】と【LINE Beacon】のメニューがあります。

この画面にメニューが見当たらない場合は、LINEのバージョンが最新版ではないかもしれません。

その場合、LINEのアプリをアップデート(最新の状態)にするとよいでしょう。

【位置情報の取得を許可】と【LINE Beacon】は、位置情報を提供することに関するメニューです。

「便利そうだな」という方は、オン(緑になっている、またはチェックが入っている)のままでいいですし、「それは嫌だ」という方は、オフにします。

どちらがいい、悪いというものではありません。

情報を提供するかしないかは、自分が決めていいということです。

 

画面に突然表示される、許可を求めるようなメニュー。

なんとなくOKを押すのではなく、一読してみるという癖をつけてみるとよいと思います。

 

 

 

●●●スマホを楽しむクラスがあります!●●●
できることいっぱいのスマートフォンを、手探りで使うなんてもったいない!
普段の楽しみ方から、いざという時、災害時での使い方までご紹介します。
パソコムプラザのスマホクラス >>詳しくはこちら

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

増田由紀