iPhoneを使い過ぎてしまうなら、時間制限を設けよう | スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」

iPhoneを使い過ぎてしまうなら、時間制限を設けよう

新しくなったiOS12で、スクリーンタイムという機能が追加されました。

何にどれくらいの時間iPhoneを使っているかを、簡単に確認することができます。

スクリーンタイムでiPhoneをどれだけ使っているかチェックできる(2018/10/4)

 

使いすぎを自覚したら、時間制限を簡単に設けることができます。

何時から何時までは使わない、と決めてもどうしても使ってしまう場合には、iPhoneから教えてもらうのです。

もう使っちゃダメな時間だよ、って。

 

ホーム画面の【設定】を軽く押し、【スクリーンタイム】を押します。

 

 

すると、「休止時間」というメニューが表示されます。これはiPhoneを見ない時間を設定できるものです。

 

休止時間を軽く押してオン(緑)にすると、「開始」と「終了」の時間が表示されます。

初期設定では22:00~7:00を、画面を見ない時間として設定できることになっています。

もちろんこれは好きな時間に変更することもできます。

 

休止時間を「オン」にした状態でホーム画面を見ると・・・

いくつかのアプリがグレーになっていて、よく見るとアプリ名の前に砂時計のマークが付いています。

これは休止時間を設定している間は触れない、ということ。

でも知らずにこんな画面を見たら、ちょっとびっくりしてしまうかもしれません。

壊れたか?ってね。

 

この状態で、時間制限のかかっているアプリを触ると、次のように表示されます。

制限時間を超えましたって。。。

でもこんな制限があると、ふと我に返って「今日はもう寝よう」とか、「今日は使いすぎたかな」って自覚するかもしれませんね。

 

 

ではもし使っている最中に制限が来たとしたら?

例えばこうしてTwitterを見ていたとします。

 

そんな時にあらかじめ使わないと決めていた時間が来たとすると・・・

「時間制限!」と大きく表示されますね。

ああ、今日はこれまでか。

 

 

でもね。

おちろん、「制限を無視」をすることもできます。

時間を無視したければ「制限を無視」を押します。

 

あとちょっとだけやりたかったのに、なんていう時は「15分後に再通知」でもよいでしょう。

えーい、言うことなんか聞いてられるか! という時は「今日は制限を無視」でしょうね(笑)。

 

こうした制限が煩わしい、かえってストレスになるという場合には、設定のスクリーンタイムにある休止時間のオンをオフにすれば大丈夫ですよ。

 

時間を決めないとどうしてもやり過ぎてしまう、という方はぜひお試しください。

 

 

●●●10月からスタート、スマホを楽しむクラスがあります!●●●
できることいっぱいのスマートフォンを、手探りで使うなんてもったいない!
普段の楽しみ方から、いざという時、災害時での使い方までご紹介します。
10月スタートの新しいクラス >>詳しくはこちら

 

★★★日本橋三越本店で開催★★★
ワンランクアップの撮影術、スマホでインスタ映えする素敵な写真を撮ろう!
・10月19日(金)16:30~18:00
・11月16日(金)16:30~18:00 (2回とも同じ内容です)

・講師:パソコムプラザ代表 増田由紀
ただ今募集中です。※日本橋三越本店に直接お申し込みください
▼お申し込みは日本橋三越オンラインストア
▼または「三越カルチャーサロン」03-3274-8595(直通)

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

増田由紀