アスリートの力 平昌オリンピック | スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」

アスリートの力 平昌オリンピック

 

ああ。なんでこんなにうるっときてしまうんだろう。

平昌オリンピックが終わりました。

オリンピック総集編などを見ていると、なぜだろう、こみ上げてくるものがある。

開幕時は政治的な色合いも感じられて、あまり興味を持っていたわけではありませんでした。

でもやっぱり、メダル1号を取ったニュースが入ったあたりから

結果が気になってしまう。にわかオリンピックファンのようになってしまいました。

 

一生懸命、その手に何かを掴もうと思った人の表情は、本当に美しい。

自分を越えようと戦った人の瞳は、本当にすがすがしい。

リンクの上では本当に一人。逃げたしたくなる不安もあったのかもしれない。

でも最後の最後は、自分を信じて、すべてをぶつけた人たち。

戦いが終わった後のやり切った顔を見るのは、本当に心が動かされます。

ここまで来るのに、どれほどの涙があったのだろう。どれほどの悩みがあったのだろう。

 

静かに、深く、闘志をたぎらせて。

それは赤い炎ではなく、青い炎だったのかもしれない。

 

政治家や外交官にはできない、本当の国際交流を、隣国との友情を見せてもらった。

国、という人はいない。みんなが一人一人。

その一人が、隣国の一人と、互いを尊敬しながら友情を育んでいる姿を目の当たりにして

国じゃないんだな、人間と人間の関係が大事なんだな、と思わされた。

なんて素敵な関係。ライバルであり友人。

 

泣いて泣いて、望みの物をようやく手にした選手。

泣いて泣いて、それでも望みの物を手に入れることができなかった選手。

 

自分の限界を超えて。

やり切る。堂々とやり切る。

孤独の中、自分のやってきた道を信じて。

 

どの瞬間を切り取っても、真剣勝負に挑む姿には、感動を感じざるを得ませんでした。

選手の涙、美しいダイアモンド。美しい真珠。

ここまでの道のりを思う時に、どれほどの思いが、どれほどの努力が、どれほどの決意があったのか。

それを想像するだけで、不思議と涙が出てきちゃう。

これは年のせい(笑)?

 

 

テレビ局では、オリンピックのテーマ曲を定めて、感動のシーンのBGMに流しています。

音楽の力も大きいな。

しっとり系、歌い上げ系、爽やか系、いろいろありますが、音楽とアスリート。合いますね。

ちなみに日本テレビは、歴代、嵐さんの曲です。

2018年 平昌「白が舞う

2016年 リオデジャネイロ「Power of the Paradise

2014年 ソチ「Road to Glory

2012年 ロンドン「

2010年 バンクーバー「揺らせ、今を

2008年 北京「風の向こうへ

2004年 アテネ「Hero

全部歌えちゃう(笑)。iPhoneに「オリンピックテーマ曲」というプレイリストを作って、ヘビーローテーションです。

 

歌詞に合わせた映像に、また涙が出てきちゃう。

アスリートの力はすごいな。

人の心を動かす。

ハートも金メダル級だな。

 

全てをかけて夢を掴もうとする人の姿は、人の心を動かすのです。

たった一つの瞬間にかける人の姿は、戦い敗れたとしても、人の心を動かすのです。

限界に挑戦してそれを越えた人の笑顔は、人の心を動かすのです。

夢をかなえた喜びの雄たけびは、人の心を動かすのです。

 

 

私も自分のフィールドで戦おう。

人の心を動かすほどに、自分の戦いを戦おう。

金メダル取れるぐらい頑張ろう。

夢を現実に変えていこう。夢を掴みにいこう。

はぁ、オリンピックってなんかいいな。

 

いろいろなことを教えてくれたオリンピックだったなあ。。。。

次回のオリンピックは東京。

2020年7月24日から8月9日までの17日間

公式ホームページはこちら

私も何かこの大きなイベントに、参加したくなりました。

あ、選手じゃないよ。あたりまえか・・・(笑)。

ボランティアスタッフとかです。

ボランティアスタッフについてはこちら

 

私にも何か手伝えることがあったら、やってみたいなって。すごく今そう思います。

戦いのステージで羽ばたく人たちと、勝利の感動を一緒に味わいたいな。

生徒さんと一緒にやってみたいな。

どなたか興味ある方いらっしゃるかしら。

 

 

 

 

 

話は変わりますが、今年の春のスマホ祭りは、楽しいアイデア満載。

今日は夕方にもそれ関係の打ち合わせを行いました。

どなたでも気軽にお越しになれるミニイベントなども企画しています。

期間は3月12日(月)~29日(木)です。

ぜひ今から予定に入れておいてくださいね!

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

増田由紀