古本に出会えるホテル MUJI HOTEL GINZA

こんにちは。スマホ活用アドバイザーの増田由紀です。

 

アクリルパネルを買いに銀座の無印良品へ。

元あった場所から移転したんですね。

 

何の予備知識もなくふらりと店内に。

 

 

買い物が終わって、何となく上の階に行ってみる。

すると、何やら好きそうなコーナーが。。。。

 

 

これ、古い本みたいだけど。

何? このコーナーは。

 

 

模様のカタログのような和綴じの本。

こういうの好き。

大好き。

昔の人のデザインセンスを垣間見られて好き。

ずっと見ていられる。。。。

何冊もシリーズであるようです。

(写真撮っていいですか、と聞きました。本の中は撮ってません)

 

 

版画の見本帳のような本。

版画の色使いって好きです。

また切り取った部分、残した部分、構図やデザインなどを見るのが好きです。

 

版画がたくさん閉じてあるのです。

ずっと見ていられる。。。

私は普段、デジタル機器を活用するという仕事をしています。

でも本は紙派なんです。

情報を得るだけの本は紙でなくてもいいのですが

観賞用の本だけは、やっぱり紙派。

手に取って眺めていたいものは、電気で読むのではなく、紙で読みたい。

両手に乗る紙面の中で、空想に浸っていたい。

 

浮世絵の本。

かつてのブロマイドですよね。

女性の着物の柄を見たりするのが好きです。

 

東西の職人図絵。

いろんな職業があったんですね。そして職人さんが生き生きと描かれています。

ああ、興味津々。

ずっと眺めていられる。

 

 

 

ここは何??

と思ったら、4月にオープンしたMUJI HOTELのフロアで

私が見ていた古本コーナーは、販売はしていないけれど、同じ6階のカフェなどで手に取って読めるんだそうです。

MUJI HOTELのホームページはこちら

 

こんな素敵なコーナーがあるホテルなら、泊まってみたい。

泊ってじっくり古本を手に、本の世界を堪能したい。

 

お部屋の中の照明、空調、カーテン、アラームなどは、部屋に備え付けのタブレット(iPadではない)で操作できるようになっているそうです。

となると、やっぱり体験したくなっちゃいますね(笑)。

本を読むためだけに宿泊する、なんていう贅沢をやってみたいな。

6階の本コーナーは、宿泊しなくてもいつでも利用できるそうなので、ゆっくり時間を取って浸ってみたいと思います。

 

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼パソコムプラザのホームページ
友だち追加
 
▼増田由紀Twitter
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのAndroidスマホ」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone8、8 Plus、X」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS12対応」

 

 

記事のシェアをお願いします!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました