家庭画報デビューしました。知ってもらいたいことがたくさんあるから情報発信し続けます。

今年下半期は、「シニアとスマホ」関連の雑誌や取材が続きました。そういう時代なんだな、と思います。   山形新聞  >>続きを読む