スマートフォン紛失時にはどうする?の授業でした

今週のエンジョイコースは先生チョイス。

クラスごとに課題のご希望をうかがったり、講師がご提案させていただいたりして、クラスごとに課題が違っています。予定もホームページに掲載してありますから、振替で別のクラスにご出席いただくことも可能です。

こちらのクラスでは全員がスマートフォン。iPhoneとAndroidの混じったクラスです。

こちらのクラスの方から、「スマホをなくした時はどうしたらいいのか。今度先生チョイスでやってほしい」というリクエストをいただきましたので、今週の課題は「スマホの紛失対策」です。

スマートフォンをなくしてヒヤリとしたことは? とお伺いするとお一人ヒヤリ体験がありました。

私も自分のヒヤリ体験をお話ししました。

 

まずはスマートフォンにパスコードが設定してあることを確認。

もしも誰かが拾ってくれた、見つけてくれたとして、パスコードが設定されていなかったら、すぐに誰にでもホーム画面を見られてしまいますね。ホーム画面が見られたら、写真や電話番号、電話帳なども見られてしまいます。

面倒でも、必ずパスコードをかけておかなくてはいけません。

手元にスマートフォンがなかったら、まずはパソコンでその居場所を確認しましょう、ということでパソコンから自分のスマートフォンの位置を確認しました。

教室のホームページにも、在校生の方へのページにリンクを設けました。

iPhoneの方は【iCloud】から

Androidの方は【androidデバイスマネージャー】から。

それぞれ自分のApple ID、Googleアカウントを入力して自分のスマートフォンの位置を探します。

 

自分のスマートフォンの位置を確認したら、皆さまのスマートフォンは、一時没収です(笑)。

今度は、遠隔操作でスマートフォンから音を鳴らしてみます。

どんな音がどんな風になるのか、これも体験です。

もし自宅で見つからなかったら、こうして音を鳴らして探すこともできますね。

外でなくしたりして、スマートフォンの電源が入っていなかったとしても、スマートフォンの電源が入ったらその時に音が鳴るようになっています。

また、拾ってくれた人に、遠隔操作でメッセージを表示させることができます。

電話番号を伝えることもできるので、教えても構わない場合は電話を受けられる別の携帯電話か、家の電話番号などを書いて送ることができます。

最後は遠隔操作で、スマートフォンの内容を消去できます。

とはいえ、こちらのクラスの皆様は、写真はクラウドで管理しています。

またつい先日、全員が自分の連絡先をクラウドで一元管理し始めたところです。

もしもスマートフォンの中身を消去したとしても、被害は最小限で済む状況になっています。

 

紛失や盗難など、ないことが一番です。ですがもしそんな事態にでくわした場合でも、まず自分でもできることがある、というお話をしました。

 

2016年12月までの教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://blog.goo.ne.jp/pasocom777 ですが
★★★2017年1月より、教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://masudayuki.com/ となります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ミセス・シニアのためのスマホ・iPad・パソコン教室
 パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
 千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ  www.pasocom.net/
▼教室の動画チャンネルはこちらをクリック
▼iPad関連講座はこちらをクリック
▼パソコムプラザ 新浦安のFacebookはこちらをクリック
▼パソコムプラザ 新宿サロンのFacebookはこちらをクリック
▼増田由紀のFacebookはこちらをクリック
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★日経BP社より、「いちばんやさしい60代からのiPhone」発売中 ★著者より(動画約1分)
★日経BP社より、「いちばんやさしい60代からのLINE」発売中 ★著者より(動画約1分)

▼日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone 7、7 Plus」本のご注文(Amazon) https://goo.gl/GrUA3I

お気軽にお問い合わせください。047-305-6200受付時間 9:30-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

教室ホームページはこちら