スマホの自撮り、おススメします。

今週私のクラスでは、Snapseedの使い方をご紹介しています。

授業でもSnapseedをやりましたし、このブログでも何度かご紹介しています。

でもまだまだメニューがあって、できることが本当に多い。

 

そこで今週はいくつかの編集をご案内しています。

編集に使う写真は、皆さまにAirDrop(エアドロップ)などでお送りしています。

 

今日ご紹介する編集の中で、Snapseedの顔を補正できるメニューを使いました。

 

写真は何枚かご用意したのですが、さすがに顔の写真(私の写真)をお送るのは、ちょっとはばかられたのです。

なので皆さまご自身の写真を撮りましょう、「自撮りしましょう」となりました。

え~ と言われましたが、撮りましたよ(笑)。

 

 

 

自撮りはとにかく練習あるのみ。

コツがつかめれば上手に撮れます。

自分を自分で撮るって、自分を客観的に見る練習にもなります。

それから友だちと一緒に写真に入れます。

いつもの自分の表情に気が付くことができます。

いいことたくさんあります。

 

まず、スマホを持つ手をできるだけ伸ばして、肩より少し上にして。

 

顔は絶対下に向けてはいけません。老けます。

顔を上にあげて。目線も上。

 

スマホを上げるにつれて、ついでにあごも上がってしまう方もいるのですが、あごは軽く引きます。

あまりあごを引きすぎると、首にしわが寄ります。

 

目線は上、顔も上、そして口角をグーっと上げます。

八重歯が見えるくらい、に―っと笑います。

それくらいやって、ちょうどいいくらいですよ。

だっていつも、そんなに口角を意識していないと思うのです。

 

自撮りはぜひ練習してください。

自分を客観的に見ることができます。

自分の顔って、見ているようであまり見ていない。

意外と口角が下がっていたり、眉間にしわが寄っていたり。

 

自撮りをすると「あら、私こんな顔、人に見られていたのかしら」と気が付きます。

私は自撮りの時に「広角を上げて、にーっと笑ってくださいね」と申し上げています。

やりすぎ、っていうぐらいに笑うと。

それでもやりすぎにはならないものです。

 

大体、そんなに笑顔を作ることって、普段はないですよね。

笑顔を作ると、そしてそれが久々だと、いかに表情筋が硬くなっているかが分かると思います。

 

自撮りの時は下を見てはいけません。老けた顔で写ってしまいます。どんな人でも。

だから自撮りは嫌、とおっしゃる方が多いのですが、そうではなく。

思ったよりも老けて撮れるから嫌なのです。

 

スマホは上にあげて、目線も上にあげて、少し顎を引くだけで、小顔効果も生まれます。

そしてこの写真を、顔補正に使いました。

 

自分の写真を撮ったら「えー嫌だ―見たくないー」とおっしゃる人でも、

この顔補正のメニューを使うと、ちょっと人に見せたくなる写真になりますよ(笑)。

自分だけでなく、友だちと一緒に写っている写真があったら、自分も友だちも、ちょっときれいにしてあげて送ってみてください。

きっと喜ばれますよ!

女性必見!顔補正 2ステップで楽しもう・Snapseed編

 

 

教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://masudayuki.com です
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
初心者・シニアのためのスマホ・iPad・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページは こちらをクリック
▼授業の動画などはYouTubeで こちらをクリック
▼日々のつぶやきはTwitterで こちらをクリック
▼趣味のスマホ写真はInstagramで こちらをクリック
▼つながりや交流が見えるFacebookは こちらをクリック
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone 7、7 Plus」本のご注文(Amazon)はこちら
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone7、7 Plus」著者からひと言はこちら

お気軽にお問い合わせください。047-305-6200受付時間 9:30-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

教室ホームページはこちら