Googleフォトは旅先でも便利。ザ・ブセナテラスとザ・リッツ・カールトン沖縄のWi-Fiを使う。(沖縄旅行201701・その5)

旅行に行くと写真をたくさん撮ります。

今回は3泊4日で写真や動画合わせて3,000枚以上撮影しています。

教材にも使ったりしますしね。

写真を撮ったスマートフォンがもしも旅行の最中に故障したり、落としたりしたら大変!

自宅ならパソコンに取り込むということもできますが、外出先ではそうもいきません。

そんな時は、クラウドを使うとよいでしょう。クラウドとはインターネット上の倉庫のようなものです。

今は、写真専用のクラウドもあります。

 

(沖縄旅行201701・その1)出発前日、一休.comでホテルを取り、ジェットスターでチケットを手配。ネットで旅の予約は前日でもなんとかOK。
(沖縄旅行201701・その2)ジェットスターに乗って沖縄へ チケットはiPhoneに入れて
(沖縄旅行201701・その3)iPhone 7Plusで写真の撮り比べ
(沖縄旅行201701・その4)iPhone を懐中電灯、コンパス、タイムラプス撮影に使う
(沖縄旅行201701・その5)Googleフォトは旅先でも便利。ザ・ブセナテラスとザ・リッツ・カールトン沖縄のWi-Fiを使う。
(沖縄旅行201701・その6)カメラに水平線や垂直線を出して撮影してみよう iPhoneのグリッド線
(沖縄旅行201701・その7)ヨットの上からiPhoneで夕日を撮影、手振れを防ぐにはとにかく体を固定
(沖縄旅行201701・その8)自宅から持って行った無線ルーターをホテルで使う
(沖縄旅行201701・その9)旅行ではパノラマ写真を撮ろう!横パノラマに、縦パノラマ。
(沖縄旅行201701・その10)iPhoneで撮った旅行の写真を、家に帰ってApple TVで見よう

 

私が旅行先でまず利用するのは、Googleフォトです。Googleフォトは無料で、たくさんの写真を無制限に保存できる、というサービスです。

Gmailを使っている人なら誰でも、Googleアカウントを持っていることになります。

Googleアカウントがあれば誰でも、Googleフォトを利用できますよ。

スマートフォンで撮影した写真は、設定さえしておけば自動的にGoogleフォトに写真や動画が保存されるのです。

たくさんの写真をインターネット上に預けるには、Wi-Fi(ワイファイ)を使うとよいでしょう。

ホテルには無料で使えるWi-Fiがあるところが多いです。宿泊先を決めるには、まずWi-Fiがあるところ、ロビーだけでなくお部屋でもWi-Fiが使える、というのが私にとっては必須条件です。今はそういうところが多くなってきていますけれど、ロビーでは使えてもお部屋では使えない、というところもまだありますね。

Googleフォトの画面はこんな感じです。撮った写真が撮影日順に並びます。

Googleフォトの画面です。

インターネット上に保存することを「アップロード」といいます。

丸くなった矢印は、まだインターネット上に保存されていない写真で、今まさにアップロードされようとしているところです。

アップロードされると、写真に雲の形が表示され、しばらくすると、何もマークがなくなります。

これで初めて、インターネット上の倉庫に写真が保存されたことになります。

旅先でも、撮った写真を撮ったはじから、インターネット上に保存しておけば、万が一スマートフォンになにかあった場合でも、旅の思い出だけはお空の上に保存される、というわけです。

 

Googleフォトの「アシスタント」というところを押すと、現在の状況を確認できます。

「写真をバックアップ中」と表示されていたら、そのまましばらく待ちます。

「バックアップが完了しました」と表示されたら、撮影した写真はすべてインターネット上に保存されたことになります。

これを部屋に戻ってWi-Fiがつながるたびにやっておきます。

やっておくといっても、お部屋に戻ってWi-Fiにつながっていることを確認して、Googleフォトを開いておくだけですけれどね。

Wi-Fiの確認ですが、iPhoneでは、ホーム画面の「設定」を開きます。そして「Wi-Fi」と書いてあるところを確認します。

もし下のように「オフ」だったら、軽く押して「オン」にします。

 

Wi-Fiをオンにすると、その場所で使えるWi-Fiの名前が表示されます。これを「SSID」といいます。Wi-Fiは無線ですから、目に見えません。見えないものに名前を付けて識別しやすくしたもの、これがSSIDです。

宿泊したザ・ブセナテラスの場合、Wi-Fiのところに「TERRAC」という名前が表示されます。鍵のマークがなければ、パスワードなしで利用できます。それをポンと押します。

すると、「インターネットに接続」という画面になります。「接続開始」を押します。

ある一定時間が経過すると、Wi-Fiが切断されることもありますので、そんな時はまたこの画面の「接続開始」を押しておきます。

 

Wi-Fiにつながっていれば、スマートフォンに扇のマークが表示されます。

Wi-Fiの設定は簡単ですから、ぜひ覚えておいて、泊まったホテルで利用できるWi-Fiがないか確認してみるとよいでしょう。

 

さて、ザ・ブセナテラスから歩いて20分位のところに、ザ・リッツ・カールトン沖縄があります。ここも一休.comで見てみたら、素敵なホテルのようでした。

マップを見ると歩いていける距離のようなので、下見を兼ねて行ってみることにしました。

道が分かれているところは、iPhoneのマップを見ながら確認です。マップには、あと何分くらいで着きますよ、と表示されますね。

こちらが、ザ・リッツカールトン沖縄です。

シーサーが迎えてくれますよ。

こちらも素敵なホテルでした。館内はこじんまりと落ち着いていますが、外は開放感のある建物です。

 

ホテルに立ち寄った時は、建物だけでなく、もちろんWi-Fiのチェックもしますよ。

ここでもWi-Fiをオンにして・・・

しばらく待つと、その場所で利用できるWi-Fiの名前、SSIDが表示されます。

RitsCarltonというのがありました。これですね。押します。

Wi-Fiにつながると、扇のマークが表示されます。

次に次のような画面が表示されました。「無料で接続」を押します。

ラウンジを利用するだけでも、ホテルのWi-Fiを使わせてもらえますね。

Wi-Fiに繋がったら、お茶を飲みながら撮った写真をGoogleフォトにアップロードしておきましょう。

この写真はこんな風に、iPhoneを逆さにして撮りました。こうすると、レンズが下に来ますから、よりスコーンに寄った写真が撮れますね!

 

2016年12月までの教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://blog.goo.ne.jp/pasocom777 ですが
★★★2017年1月より、教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://masudayuki.com/ となります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ミセス・シニアのためのスマホ・iPad・パソコン教室
 パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
 千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ  www.pasocom.net/
▼教室の動画チャンネルはこちらをクリック
▼iPad関連講座はこちらをクリック
▼パソコムプラザ 新浦安のFacebookはこちらをクリック
▼パソコムプラザ 新宿サロンのFacebookはこちらをクリック
▼増田由紀のFacebookはこちらをクリック
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★日経BP社より、「いちばんやさしい60代からのiPhone」発売中 ★著者より(動画約1分)
★日経BP社より、「いちばんやさしい60代からのLINE」発売中 ★著者より(動画約1分)

▼日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone 7、7 Plus」本のご注文(Amazon) https://goo.gl/GrUA3I

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. iPhone を懐中電灯、コンパス、タイムラプス撮影に使う(沖縄旅行201701・その4) | グーなキモチ!
  2. 出発前日、一休.comでホテルを取り、ジェットスターでチケットを手配。ネットで旅の予約は前日でもなんとかOK。(沖縄旅行201701・その1) | グーなキモチ!

Comments are closed.

お気軽にお問い合わせください。047-305-6200受付時間 9:30-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

教室ホームページはこちら