Google Mapで開花状況を確認、千鳥ヶ淵の桜をiPhoneで撮影

今年は例年よりも桜の開花が遅いのかな、と思います。

おまけに今日は雨が降ったりして。

千鳥ヶ淵のそばまで来てみました。

Google Mapを見てみると、桜の咲いているところには桜マークが表示されていますね。

 

 

しばらくその場にいると、下に【●●でお花見に行こう】というメニューが表示されました。

下から指でずーっと引き上げてみます。

 

そうすると、桜スポットの説明が。

iPhoneの場合、桜の花の満開・つぼみなどのイラストで開花状況が分かるようになっていますね。

 

ずーっと指で引き上げていくと【東京でお花見に行こう】というメニューがありますね。

桜スポットは、小石川後楽園が満開という印ですね。

 

 

千鳥ヶ淵は雨。

雨粒を身にまとった桜です。

薄くはかなげな花びらが幾重にも重なっていますね。

 

まだまだつぼみも多い千鳥ヶ淵です。

 

 

水面に手を差し伸べるような桜の枝です。

 

 

ボートの人も雨に降られて濡れてしまいましたね。

桜も雨に濡れています。

 

 

スマホでの撮影ですが、体重をかけられるところがあったら、しっかりかけて体を固定しましょう。

柵があれば柵にしっかり体重をかけて、腕もかけて、腕も手もぶれないようにします。

そしてしっかりスマホを握って、構図を決めます。

 

両手でがっしりとスマホを持って、ピントを合わせる時もシャッターを押す時も、スマホがぶれないようにします。

縦に握っている時は、「持つ」というよりも「握る」という感じで。

 

横に持つときも、掌を土台にしてスマホを乗せてできるだけ手振れを防ぐようにします。

 

掌に載せなくて、指を大きく広げてスマホがぶれないようにしっかり持つことが肝心です。

 

スマホは平べったいカメラですから、下の方から仰ぐようにして写真を撮ることもできます。

その時も、両手でしっかり抱え込んで、ぶらぶらとスマホが動かないようにしてシャッターを押します。

 

 

うつむき加減の、深層の令嬢のような桜姫。

ひそやかに春を待ちます。

雨粒も、真珠のアクセサリーのよう。

日本の春はいいなあ。晴れでも雨でもいいなあ。

桜があるからいいなあ。

これからあちらこちらで桜が咲きはじめます。

風に揺れるはかなげな花びらですが、スマホをがっちり握って、手振れを防いで、素敵な写真を撮ってみましょう!

 

360度一周撮影できるカメラ、THETA(シータ)を持参しましたが、残念ながらいい写真が撮れなかった~。

2016年12月までの教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://blog.goo.ne.jp/pasocom777 ですが
★★★2017年1月より、教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://masudayuki.com/ となります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ミセス・シニアのためのスマホ・iPad・パソコン教室
 パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
 千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ  www.pasocom.net/
▼教室の動画チャンネルはこちらをクリック
▼iPad関連講座はこちらをクリック
▼パソコムプラザ 新浦安のFacebookはこちらをクリック
▼パソコムプラザ 新宿サロンのFacebookはこちらをクリック
▼増田由紀のFacebookはこちらをクリック
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★日経BP社より、「いちばんやさしい60代からのiPhone」発売中 ★著者より(動画約1分)
★日経BP社より、「いちばんやさしい60代からのLINE」発売中 ★著者より(動画約1分)

▼日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone 7、7 Plus」本のご注文(Amazon) https://goo.gl/GrUA3I

お気軽にお問い合わせください。047-305-6200受付時間 9:30-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

教室ホームページはこちら