iOS11・ここが変わった その5 画面ショットが左下に表示される→そのまま編集できる

iOS11の画面ショット

iOS11では画面ショットが左下に表示される

秋にリリースされる、iPhone・iPadの新しいOS、iOS11。

画面ショットを撮った後、すぐに編集ができるようになりました。

画面ショットを撮って、編集アプリを出して、読み込んで・・・とやらなくてもいいのでとても便利に使えそうです。

iOS11では、画面ショットを撮影すると、画面の左下に小さく表示されるようになります。

iOS11の画面ショット

何枚か撮ると、左下に重なって表示されるので画面をふさぐこともありません。

また邪魔なら左にすーっと払えば消えてしまいます。

 

左下の画面ショットをタップするとすぐ編集できる

設定画面の画面ショットを撮ってみました。アップデートしたら一部英語のままになってしまいました。

ところどころ日本語で、言語も日本語になっているのですがメニューの一部が英語のまま。

まあ、そのうち修正されるでしょう。

iOS11の画面ショット

この左下に表示された画面ショットをタップます。

iOS11の画面ショット

 

マークアップ機能でトリミング

するとすぐにマークアップのメニューが表示されるようになりました。

今までは写真を選んで、編集画面に入って、それからマークアップの画面を出す、という形でしたが

iOS11からは、撮り終わった画面ショットをタップすると、すぐにマークアップのメニューが表示されます。

下に文房具などが出ていますね。

 

四隅にあるトリミングの印。それをドラッグするとトリミングができます。

iOS11の画面ショット

 

ペンで画像に書き込み可能

下にある文房具、ペンの種類が何種類かあります。

サインペン、マーカー、鉛筆、消しゴムの道具が見えます。

 

蛍光ペンを選び、色を選んで、線を引きたいところをなぞります。

iOS11の画面ショット

 

消したい時は、消しゴムを選んで、消したいところを同じくなぞります。

iOS11の画面ショット

 

そうしたら消えてしまう。

 

図形もドラッグして選択し移動できる

〇で囲んで、「あ、ここじゃなかった」という場合。

下にある投げ縄のような道具をタップします。

iOS11の画面ショット

 

動かしたい図形をぐるっとドラッグして選びます。

書いた線がちょっと立体的に浮かび上がります。

iOS11の画面ショット

 

それをそのままドラッグすると、描いた線が移動できるのです。

iOS11の画面ショット

 

画面ショットを撮って、その画面に説明を書き入れながら資料を作りたい時、撮ってそのまま編集画面に切り替えられるのは本当に楽です。

どんどん使ってみたいと思います!

 

 

iOS11・ここが変わった その1 キーボード表示など
iOS11・ここが変わった その2 コントロールセンター
iOS11・ここが変わった その3 カメラを向けるだけでQRが読み取れる!
iOS11・ここが変わった その4 iPhoneだけで画面を録画! Screen Recording
iOS11・ここが変わった その5 画面ショットが左下に表示される→そのまま編集できる

 

 

教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://masudayuki.com です
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ミセス・シニアのためのスマホ・iPad・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページは こちらをクリック
▼授業の動画などはYouTubeで こちらをクリック
▼日々のつぶやきはTwitterで こちらをクリック
▼趣味のスマホ写真はInstagramで こちらをクリック
▼つながりや交流が見えるFacebookは こちらをクリック
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone 7、7 Plus」本のご注文(Amazon)はこちら
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone7、7 Plus」著者からひと言はこちら

お気軽にお問い合わせください。047-305-6200受付時間 9:30-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

教室ホームページはこちら