既読があれば安心。でも余裕があったらあと2文字。災害時のLINE。 | スマホ活用アドバイザー増田由紀ブログ「グーなキモチ!」

既読があれば安心。でも余裕があったらあと2文字。災害時のLINE。

 

地震が起きるたびに「いよいよ」とか「ついに」という言葉が頭をかすめる。

そんな地震大国に私たちは住んでいます。これが現実。

 

連絡を取る手段を、常日頃からいくつも用意しておきましょう。

そして使い慣れておきましょう。

と、ことあるごとにお話ししている私ですが、警報が出たり、気になったりした時は、クラスのLINEに投稿します。

 

先日は自分のスマホで初めて聞いた地震速報の、何ともいえない音。

その後すぐに、クラスのLINEをお送りしました。

自主的な安否確認の訓練です、これも(笑)!

「ああ、こうやって使うんだ」って体感してもらいたいのです。

 

クラスのメンバー分の「既読」がつけば一安心。

この時は、誤報だったということで何もなかったので良かったです。本当に。

 

生徒さんはスタンプを送ってくださったりしました。

さすがです(笑)!

 

 

でももし、本当に深刻な事態になった時には、「既読」が頼りになることでしょう。

「既読」だけでわかることはたくさんあります。

スマホが使える状態なんだな。こちらのメッセージ、目にはしてくれたんだな。って。

でも「既読」だけではちょっと心配になることもあります。

読んでくれたみたいだけど、何もアクションがない。

本当に大丈夫なんだろうか。

災害時は心配も募ります。よからぬことも考えてしまいます。

 

だからもし、少しでも余裕があったら、そして本当に大丈夫だったら、

たった2文字でいいから送ってみてください。

それは

「無事」という言葉。

慌てていたら全部ひらがなで「ぶじ」になっちゃうかもしれない。

入力ミスして「ふし」とか「ふじ」とか「ぷじ」なっちゃうかもしれない。

それでもいい。

「無事」と書いて送ってくれるだけで

「ああ、文字を打つことができるんだ。」

「指が動くんだ。手は大丈夫なんだ。」

「字を書いて送るぐらいの余裕がある状況なんだ」

って、少し安心できるから。

会えない時間が長くなればなるほど、心配します。

大事な人に何かあったらどうしよう、その心配の気持ちがムクムクと大きくなる前に。

ぜひ一言でいいから、送ってみてください。送ろうとしてみてください。

 

あの人は大丈夫なんだ、って思えるだけで、人は安心するものだから。

 

 

大人のためのスマホ・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページ
▼Amazon著者ページ
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone7、7 Plus」
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPad  iOS11対応」

 

増田由紀