Jアラートとは「警報」ではなくて「システム」のこと

 

2017年8月29日、朝から物騒なニュースでしたが、「Jアラート」という言葉をニュースで聞かれた方も多いと思います。

「Jアラート鳴った?」などの会話が教室でもされていました。

ちなみに、Jアラートとは「警報」のことではなくて、つまり「鳴るもの」ではなくて、「全国瞬時警報システム」というシステムのことです。

下記は「内閣官房 国民保護ポータルサイト」より

全国瞬時警報システム(Jアラート)は、弾道ミサイルが 日本の領土・領海に落下する可能性又は領土・領海を通過する可能性がある場合に使用します。
逆に、日本の領土・領海に落下する可能性又は領土・領海を通過する可能性がないと判断した場合は、Jアラートは使用しません。
なお、日本の排他的経済水域(EEZ)内にミサイルが落下する可能性がある場合は、Jアラートは使用しませんが、 船舶、航空機に対して迅速に警報を発します。

 

私の住む千葉県浦安市では、Jアラートから発せられた音を聞くことはありませんでした。聞きたいわけじゃありませんが・・・

これは対象地域外だったからですね。

この「Jアラート」、ミサイル発射を知らせる専用の警報システムではありません。2007年から始まったこの仕組み、弾道ミサイル情報をはじめ、津波情報、緊急地震速報など、内閣官房と気象庁がいち早く国民に知らせたい情報の伝達に利用されるものです。

▼消防庁より

スマートフォンから警告音が鳴ったり、エリアメールが配信されるだけでなく、防災無線などを使って屋外スピーカーからも情報が配信されます。

国が住民などに瞬時に緊急情報を伝達するためのシステムで、2007年から運用されています。

 

次の24種類の情報を伝えるために、Jアラートのシステムが使われます。(資料は総務省 消防庁Webより)

 

 

 

Jアラートは、サイレンやチャイムを使って情報を知らせてくれます。

「緊急地震速報の音」って、聞かれたことはあるでしょうか。嫌な気分になる音ですね。あまり聞きたくもない音です。

では「国民保護サイレン」の音って聞かれたことあるでしょうか?

Jアラートの中には、「国民保護サイレン」と呼ばれるものがあります。

 

下記は「内閣官房 国民保護ポータルサイト」より

警報が市町村から住民に伝達される際には、武力攻撃が迫り、又は現に武力攻撃が発生したと認められる地域に当該市町村が含まれる場合には、原則としてサイレンを使用して注意喚起が図られることとなっています。政府は、平成17年7月、国民保護に係る警報のサイレン音を決定しました。

私も今まで、一度も聞いたことはありませんでしたが、「内閣官房 国民保護ポータルサイト」の中で公開されています。

 

予習のために聞いておきたいという方。下の絵を押すと、「内閣官房 国民保護ポータルサイト」のページが開きます。

【サイレン音の再生】というところを押すと、聞くことができます。

 

授業でみなさんで確認してみました。

【動画の再生時、サイレンの音が鳴ります。ご注意ください。】

 

音を再生する時は、周りの人がビックリしないように音を小さくしてから聞くとよいでしょう。

誤解されないように気を付けてくださいね。

またスマートフォンで聞く場合には、イヤフォンなどを使って聞くとよいでしょう。

 

 

授業で生徒さんがおっしゃってました。

「小さいころに聞いた空襲警報に似ているわね。」

「わかっているけれど、嫌な音ね。」

「戦争は絶対にダメよ。」

 

実体験のある方の言葉です。

重みがあります。

私たちは体験していない。

戦争は、映像などでしか知らない。

 

こんなサイレン音を聞く機会がないことを祈ります。

 

 

 

教室ブログ「グーなキモチ!」のアドレスは http://masudayuki.com です
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
初心者・シニアのためのスマホ・iPad・パソコン教室
パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200
千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分)
▼教室ホームページは こちらをクリック
▼授業の動画などはYouTubeで こちらをクリック
▼日々のつぶやきはTwitterで こちらをクリック
▼趣味のスマホ写真はInstagramで こちらをクリック
▼つながりや交流が見えるFacebookは こちらをクリック
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone 7、7 Plus」本のご注文(Amazon)はこちら
★日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone7、7 Plus」著者からひと言はこちら

お気軽にお問い合わせください。047-305-6200受付時間 9:30-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

教室ホームページはこちら